農薬

生物の殺傷をめざした
化学物質
いのちの盛り
 
農薬とは
農薬と癌
農薬と神経系
農薬と先天障害 
農薬と免疫系 
農薬被ばく経路
 
他の化学物質等との相互作用

日本の農薬使用量
 ようやく減少傾向
 使用量第2位に(OECD、2010年報告)




















 



































 
 農薬は農業用化学物質であって、医薬品ではありません。農薬の毒性は比較的よく調べられていますが、それでも不明な点があり、多くの被害が発生しています。農薬の個々の毒性について記載する余裕がありま せん。特に子どもの成長との関係に重点を 置いて考えてみます。この章の多くの部分 は米国NRDCの報告(1)やレーチェル環境保健通信(2)を参考にしました。

農薬は英語で pesticide と言います。この言葉は本来、 pesti(有害生物) と -cide(殺す) よりできています。つまり有害生物(昆虫やネズミ・雑草・菌類などのこと)を殺すのを目的とした化学物質を指します。人間や環境に害がなく、対象とする有害生物にのみ影響を及ぼす農薬の開発が進められていますが、従来の農薬はもちろん、新しく開発された農薬でも十分成功したと言い難い。この他に、有害生物を直接殺すことを目的としないフェロモン剤や植物の生長を調節する薬剤も農薬に含まれます。

2009年4月15日、米国EPAは農薬の内分泌かく乱影響に関する検討を開始するとして、その農薬の有効成分とそれ以外の成分67種類を発表した。
EPAの報道発表と解説

日本の農薬使用量は世界で飛び抜けて多く、OECD諸国内1位であったが、最近減少傾向を示し、OECDの2010年報告ではようやく韓国に次ぐ2位になった(左欄の日本の農薬使用量を見よ)。これが一時的でなく、クリーンな農業を目指す歩みになって欲しい。しかし、「農薬でない」?除草剤等が多量に店頭陳列されている現状を忘れてはならない。

 



































 
1. Mott, L. et al. "Our Children At RiskThe 5 Worst Environmental Threats To Their Health", Natural Resources Defense Council, Inc., 1997.
2. Montague、P. (1999)pesticides and aggressioon, RACHEL'S ENVIRONMENT & HEALTH WEEKLY #648
























 
 

 
更新
2011年11月16日、2009年4月18日、2004年 8 月 9 日
渡部和男
 
  ホーム
 
メール