環境汚染の歴史


 
    ホームへ   メール
 
 
予防原則(*)
 
人類はあまりにも多くのあやまちを重ねてきました。あやまちを繰り返さないためにも、歴史から「予防原則」を学ばなければなりません。予防原則とは化学物質や事業活動が健康や環境に悪影響を及ぼすことが合理的に推定される場合、安全であることが証明されない限り使用や実施をさせないという原則です。一部では予防原則はすでに実行されています。例えば、タバコの悪影響について完全な証明はありません。しかし、疑うに十分なデータがあり、多くの場所で喫煙が禁止になっています。
 
*予防原則(precautionary principle)は第二次世界大戦後の急速な産業の成長と汚染防止の法律が貧弱であったために、人間の健康や環境への影響が顕在化したため作られてきた考え方です。この概念は1970年代に旧西ドイツでvorsorgeprinzip(vor「まえに」+sorge「心配」+princip「原則」)として誕生しました。当初この概念の核心には、社会は注意深い将来計画によって環境を傷つけることを避けるべきであり、潜在的に有害な活動を阻止すべきであるという概念がありました。この概念はドイツ環境法の基礎的な理念に発展し、多くの環境問題に取り組む政策に発動されています。その後、予防原則 (precautionary principle)は多くの国際条約や協定で、環境問題の解決のために取り入れられました。最近では、科学者や政府公務員・法律家・労働者・草の根環境活動家の国際的なグループが、予防原則を定義し議論するために、ウイスコンシン州ラシーンのウイングスプレッドに1998年1月23〜25日に集まり、2日間の会合後、同グループは予防原則に関するウイングスプレッド宣言を発表した。次のハンドブックに予防原則が詳しく解説されています。
*Tickner, J., Raffensperger, C. Myers, N. THE PRECAUTIONARY PRINCIPLE IN ACTION, A HANDBOOK, Science and Environmental Health Network, 1999.日本語訳;原文の方が分かりやすいかもしれません)。
 
 
戦前からの汚染問題
 
カドミウムや鉛などの重金属はホルモンかく乱物質と現在推定されています。カドミウムは1920年すでにイタイイタイ病を発生させていました。鉛添加ガソリンは1923年から使われています。さらにPCBやDDTなど残留性有機塩素化合物も1920年代から1930年代に現れています。
 
 
農薬
 
戦後になるとホリドール*や有機塩素系農薬が多用されるようになりました。最初に規制されたホリドールは猛毒で、数十人の中毒死者が続出した後、ようやく禁止されました。残留性のある有機塩素系殺虫剤のDDTやBHCなども母乳から検出されたり、レーチェル・カーソンの名著『沈黙の春』(あるいは『生と死の妙薬』)」が出版されたことにより世界中が注目し、その後ようやく規制されるようになりました。
*ホリドール(メチルパラチオン)は強力な毒性を持つ有機燐剤。日本では現在使われていない。
 
ダイオキシン汚染問題
 
焼却場からのダイオキシン
 
1997年、厚生省が焼却場排煙中のダイオキシン濃度を公表してから(3)、急にダイオキシン問題に多くの人々が注目するようになりました。しかし、ダイオキシン汚染問題は最近始まったものではありません。
厚生省生活衛生局水道環境部環境整備課(1997)ごみ焼却施設排ガス中のダイオキシン類濃度について、平成9年4月11日。http://www.mhw.go.jp/houdou/0904/h0411-1.html
 
 
除草剤とダイオキシン
 
ベトナムの住民や米国軍人に多くの被害者を出したダイオキシンを含む枯葉剤2,4,5-Tや2,4-Dのような農薬も、日本で除草剤として使用されていました。林野庁では森林で除草剤として使用し、余った除草剤を水源地帯に埋めたため、大きな問題になりました。現在でも埋めた除草剤が漏れだし、ダイオキシン汚染を引き起こすのではないかと心配され、最近の国会でも取り上げられています。
 
 
水田除草剤とダイオキシン
 
日本では除草剤としてPCPやCNPが大量に長期間使われてきました。中西(1998)によると、使用したPCPに含まれていたダイオキシン量は400 kg、CNPでは190 kgにのぼっています。この量はベトナム戦争で散布された除草剤中のダイオキシンの推定量300 kgと比較すると大きな量です。PCPは比較的早期に使用が中止されましたが、CNPが使われなくなったのはつい最近です。PCPやCNPのため、今日まで水田土壌はダイオキシンで汚染され続けており、また東京湾などの海域や魚介類の汚染の主な原因になっています。
 
 
魚のダイオキシン汚染と焼却灰のダイオキシン
 
今から10年ほど前には魚からダイオキシンが検出され、焼却工場の飛灰(じん灰、フライアッシュ)からも検出されました。ダイオキシン問題はそのころから警告されていましたが、多くの人々が注目し、行動するまでは至りませんでした。
 
 
ホルモンかく乱物質
 
最近では環境中の化学物質が、人や動物のホルモンの働きに影響を与え、癌や生殖機能異常・行動異常を引き起こしていると疑われているホルモンかく乱物質の問題が大きく取り上げられるようになってきました。これらのことは10年近く前から諸外国の科学者が問題として取り上げていました。
 
 
安全宣言とは?
 
最近(1999年)になって、埼玉県所沢市の野菜と茶のダイオキシン汚染が問題になりました。この事件で埼玉県の対応は、行政機関では珍しいほど素早いものでした。環境庁や厚生省・農林水産省の対応も同じように素早く、茶を含む農作物の安全宣言を出しました。
 
 
安全な茶は、ろ過したお茶
 
とても興味?をそそられたことは、茶の浸出液(私たちが飲む茶碗に注いだお茶のこと)を、そのまま分析したのではなく、ろ過してから分析したことです(*)。普通はお茶をろ過してから飲むなどということはしません。ダイオキシン類は水に溶けにくく、粒状の固体物質(お茶の中にも浮いている)に付着して可能性が高いため、。国や埼玉県が採用したお茶の分析法は、ダイオキシン類濃度を低く見せるために意図的に採用したのではないかという疑惑さえ浮かび上がってきます。
環境庁・厚生省・農林水産省埼玉県所沢市を中心とする野菜及び茶のダイオキシン類等実態調査結果について, 環境庁報道発表資料 (1999)
 
静岡県でも茶を分析し安全宣言を出しています。静岡県でも茶の浸出液を濾過してから分析しています。
静岡県農林水産部、茶のダイオキシン類緊急調査の結果について、(1999)。
 
 
デジャヴェ
 
今から10年ほど前、魚からダイオキシンが検出されました。その時、「許容量100 pg/kg」を根拠に環境庁は安全宣言を出しました。
 
厚生省の基準は少し前まではその10分の1の10 pg/kgでした。WHOの専門家会議は昨年(1998年)耐容摂取量として1〜4 pg/kg/日を提案しています(*)。ダイオキシンの毒性が分かるにつれ、耐容摂取量も変化しています。人々の健康を守るためには、軽々しい安全宣言は慎んだ方が良いのではないでしょうか。
WHO European Centre for Environment and Health & Inter-national Programme on Chemical Safety, Assessment of the health risk of dioxins: re-evaluation of the Tolerable Daily Intake (TDI), 1998.
 
 
現在のダイオキシンレベルの影響
 
WHO専門家会議の勧告で重要なことは、現在の特別に汚染されていない場合のレベル(バックグランド)で、先進諸国の一般人に微妙な(subtle)影響がすでに出ていること、実現できる最低レベルに被曝を削減することを勧告していることです
 
 
日本はWHO勧告上限を採用
 
残念ながら、日本ではWHO勧告の上限である4 pg/kg/日を採用してしまいました。
 
 
新しい毒物学の発展
 
毒物学の最近の分野では、発癌や中毒以外に、免疫系や神経系、さらに行動や学習といった面で研究が進みつつあります。
 
 
発達異常
 
鉛やマンガンと行動や知能との関係、PCBやDDTとの行動学的な発達の関連などの解明が現在進行中です。
 
農薬や重金属・工業用化学物質などについて一部の人のみが不安を訴えてきたことの中にも、解明が進むにつれて危険であることが分かってきたことがたくさんあります。
 
私たちは、冒頭に書いた予防原則の適用を押し進め、現在を生きている私たちや子どもたち、そして未来の子どもたちを守り続ける必要があります。
 
一部には予防原則を揶揄するような表現をしているHPがありますが、環境からの影響によって、癌やアレルギー・MCS(実体の解明はまだですが)などで苦しんでいる人が多数あり、また世界中で微妙な健康への影響が現れていることを考えると、私たちが現在の生活様式を無頓着に続けることは許されません。
 

 
ホーム
 
メール