危険な道 と 危険な道の外へ
 
 
 
 
 
 
社会的責任の医師大ボストン支部報告 2000年 5月
 
 
危険な道
 
子供の発達に対する毒物の脅威
 
以下はPDFファイルです。読み込めない場合はファイルを保存してから読んで下さい。(ウインドウズでは右クリック→ファイルに保存を選択)
 
表紙
 
In Harm's Wayの日本語版の謝辞・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ i
謝辞 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ B
目次 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ D
はじめに フィリップ=ランドリーガン医学博士・理学修士 ・・・・・ F
以上をまとめたファイル
 
要約 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1
第1章:問題の性質・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  8
第2章:正常な脳発達と発達毒物学・・・・・・・・・・・・・・・・・ 20
第3章:発達障害のスペクトラムとその一般人の健康への影響・・・・・ 25
第4章:研究から現実への長い道のり・・・・・・・・・・・・・・・・ 37
第5章:障害の複数の原因・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 41
第6章:既知の及び疑われている発達神経毒物・・・・・・・・・・・・ 50
第7章:化学物質、規制、環境・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 88
第8章 結論・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 99
付録:発達障害の臨床的スペクトラム・・・・・・・・・・・・・・・・104
 
社会的責任の医師大ボストン支部報告 2002年 秋
危険な道の外へ
子供の発達に対する有毒な脅威を防ぐ
子供の発達のために健全な環境を作る
親と将来の親のための個人的指針
 
この報告は危険な道と共に一般の人が学習するのに適しており、子どもたちや自分たちの健全な将来を築くためのコンパクトで的を得たガイドラインとして役立つ。
 
社会的責任の医師大ボストン支部から、翻訳及びインターネットへの掲示許可を2007年3月に得た。

 
ホーム
 
メール