化学物質に対する
感受性の個人差
 
 
 
化学物質過敏症
 NYCAPの報告
 化学物質過敏性と遺伝子の変異
 
有機燐に対する個人差
 パラオクソナーゼの変異
 神経毒エステラーゼ
前立腺癌と農薬
 遺伝的因子も関連すると思われる

高齢者の感受性
 米EPA高齢者イニシアティブ











 
























 
化学物質などの環境因子に対する感受性には大きな個人差があることが知られています。

生活の時期によって影響が異なることが知られています。特に胎児や幼児は環境毒物に敏感であることが知られています。

遺伝的な感受性の差が知られていますが、子宮内や生後の発達過程で獲得したと考えられる例も見られます。

食品などの天然の物質を含む特定の物質や、類似した性質あるいは構造を持つ物質群、互いに密接な関連を持たないと考えられる多くの物質に対する強い感受性を示す人がいます。そのため、社会生活のみならず、家庭生活さえ困難になっている人もいます。

強い感受性を持った人が、安心して生きていくことができる社会は、多くの人が安全に過ごすことのできる社会です。

そのためにも、どのような感受性の差があるかについて、徐々に資料を集めていく予定です。
 
























 
 
渡部和男 メール