ディート(ジエチルトルアミド)

昆虫忌避剤

 
 
ホーム  農薬と肥料 メール
ディート(ジエチルトルアミド)は安全であると一般に信じられているが、重度の神経障害や皮膚炎などを起こすことが知られている。

直接皮膚に使用する薬物であるので、製品の注意書きを守ることや、着衣の下に使用しないなどの注意が必要である。

湾岸戦争症候群の原因物質の一つとしてディートは疑われており、ディートは他の農薬などと同時に使用すると、単独の化学物質が起こすより、重度の神経障害を招くことが知られている。ディートを使用する場合、他の薬物に被ばくしない注意が必要である。

カナダでは厳しく規制することになった。
 
 
はじめに
 
ディートは1946年に兵士用に米軍が開発した。一般に安全な物質と考えられていおり、蚊やダニから、及び蚊やダニが媒介する病気(ツツガムシ病や日本紅斑熱など)から個人を防護するためには非常に優れた薬剤である。また、風土病が蔓延するような地域では特に重要な薬剤である。
 
殺虫剤や農薬ではなく忌避剤という名称を用いているため、ディートに対して無条件に安全であると信じ込み、不注意な使い方をしがちである。ディートは稀であるが重症の神経障害を起こしたり、皮膚炎を起こすことがある。このため、ディートの毒性や使用法について検討する。
 
 
名称
 
ディート、deet、DEET、ジエチルトルアミド、N,N-ジエチル-m-トルアミド、N,N-diethyl-m-toluamide、N,N-diethyl-3-methylbenzamide
 
 
 
 
急性毒性
 
ディートは様々な経路で投与した場合、一般に毒性が低いことが動物実験で報告されている(下表を参照)。
動物 経路   毒性
ラット 経口 LD50 2170-3664 mg/kg
ウサギ 経皮 LD50 4280 mg/kg
ラット 吸入 LD50 5.95 mg/L
             EPA(1998)より[1]
 
米中毒防止センターPoison Control Centersの9,086人のディート被ばく事例の分析によると、被爆者の3分の2では症状が現れないか、速やかに回復した弱い症状だけであった。眼に被ばくした場合と吸入した場合に症状が現れやすい。[2]
 
経口摂取により死亡と重度の反応が発生したことが報告されている。多量のディートを飲んだ5症例の共通した症状は共通した症状は昏睡と発作、低血圧であり、摂取1時間以内に現れた。ディートによる症状の発現は速やかである。[3]
 
動物実験で、致死量近く投与した場合の中毒症状は、運動失調・振戦・うつぶせになる・平衡失調・けいれん・紅涙 Chromodacryorrhea (ラット)、昏睡状態(ラット、ウサギ)、後肢の伸展(ウサギ)が見られた。[31]
 
動物実験で、最もよく見られる症状は、体重増加抑制・食物摂取減少・肝臓と腎臓への影響であった。[31]
 
・ 雄ラットの腎臓で、尿細管の変性、慢性的炎症、尿細管上皮再生が見られた。この腎臓の変性は2μ-グロブリンの蓄積に関連する。この変性は雄に特有であった。[31]
 
・ 多量のディートを投与したマウスで、脾臓と腸管膜リンパ節でリンパ系の過形成、唾液腺と膀胱の炎症が見られた。[31]
 
 
神経系に対する影響
 
ディートは、稀ではあるが中枢神経障害を起こし、行動などに影響を与えることが知られている。いくつかの臨床例をあげる。
 
・ ディート被曝後に8才の少女でけいれんと急性行動変化が現れたことが報告されており、少女は抗けいれん薬による治療などを受け3日後に回復した。[4]
 
・ 弱い発達遅滞のある5才の少年がディートを含む昆虫忌避剤をデイキャンプで朝に使用した後、重度のけいれん発作を起こした。少年は救急部でけいれんを続け、ジアゼパムで治療を受けた。他でも発作と脳症が報告されているが、ほとんどは女性であった。この場合は前駆症状がなく発作が現れた。高濃度のジメチルトルアミドの使用は小児では避けるべきである。[5]
 
・ 自己治療のために毎日ディートを使用していた30才男性がいた。使用後短時間、鎮静作用が見られ、支離滅裂になった。攻撃性と精神病的な考えが入院を招き、病院で精神運動過剰活動や観念奔逸、誇大妄想などの異常が見られた。ハロペリドールで治療を開始し、6日以内に臨床的改善が現れた。ジエチルトルアミドとその代謝物は最終使用後2週間以上検出されている。[6]
 
・ 少量のディート(80 mg/kg)を子供が飲んだ事故がある。症状は飲んだ2時間以内に昏睡とけいれんが現れた。患者は後遺症なく回復した。少量のディートでも重度の脳障害を起こすかも知れないのでこの化学物質の取り扱いには注意が必要であると警告した。[7]
 
 
動物での神経障害
 
・ ラットにディートを投与しても、行動への影響は、非常に多量経口投与後、探索行動増加を除いて見られなかった。[8]
 
・ ペットでもディート中毒が報告されており、被曝後短時間で起こり、振戦や運動失調、興奮が特徴である。[9]
 
 
血液脳関門への影響
 
中枢神経系はデリケートな組織であり、血液中の物質が脳に入るの選択的に制御する血液脳関門がある。ディートは血液脳関門の透過性を低下させるという報告がある。
 
・ 湾岸戦争帰還兵の一部で起こった病気の原因としてディートとペルメトリンがあげられている。このため、脳の透過性に対するペルメトリンとディートの影響をラットで経皮投与により調べた研究がある。ディートのみで脳幹の血液脳関門透過性を低下させる。ディートとペルメトリンを組み合わせて投与すると大脳皮質の血液脳関門の透過性を有意に低下させた。血液精巣関門の透過性はディートのみ、及びペルメトリンの同時投与によって低下する。同じ動物で、一連の行動試験を行ったところ、感覚運動成績が投与量と時間に依存して低下した。連日のディートのみあるいはペルメトリンとの同時投与は脳透過性の低下を招き、行動を障害する。[10]
 
 
皮膚に対する影響
 
皮膚炎
 
ディートによる皮膚炎は、人間で良く知られている。2つの報告を紹介する。
 
・ ディートを使用していた10人の兵士が肘のくぼみが赤くなったために訪れた。兵士は発赤が現れる2、3時間前に50%ディートを使っており、臨床症状は発症時には灼熱感と発赤、水疱であり、次いで一部の症例では潰瘍化と瘢痕化が続いた。この一般的な忌避剤使用にも用心すべきであると警告している。[11]
 
・ ディートによって子供の全身に蕁麻疹が起こった例がある。[12]
 
・ ディートはウサギで弱い皮膚刺激を起こす。[31]
 
・ テンジクネズミで皮膚感作を起こさないが、人間でアレルギーが起こった、稀な症例がある。[31]
 
 
眼の刺激
 
・ ディートは眼に中程度の刺激を与える。[31]
 
 
接触蕁麻疹
 
・ ディートは、免疫過敏性のメカニズムを通じて、接触蕁麻疹を引き起こすことが報告されている。[13]
 
 
皮膚の透過性亢進
 
・ ジメチルトルアミドは人間や動物の皮膚で、他の物質の透過性を高めることが示されている。[14,15,16] このことは環境汚染物質を皮膚から取り込むことを促進する懸念がある。
 
 
生殖毒性
 
・ 繁殖毒性や発達毒性、催奇性はないとされている。[17,18]
 
・ ハムスターで、亜慢性投与後、精巣と精巣上体重量が減少し、精細管の変性と精巣上体管内に細胞の破片が見られた。[31]
 
 
胎児への影響
 
 
・ 妊娠期間を通じてマラリア予防薬クロロキンの予防的使用の他に、ディートを毎日使っていた母親から、精神遅滞、感覚運動協調障害、頭顔面奇形が生まれた例が報告されている。[19]
 
・ 妊娠中に多量(100, 1000 mg/kg)のディートをラットの皮膚に投与すると、胚の死亡が増加し、子ラットの体重減少が見られた。生まれたネズミで発達の遅れと、誕生後の死亡率が高い。この物質は胎盤関門を容易に通過するという。[20]
 
 
循環器に対する影響
 
・ ディートを大量に投与した場合、血圧低下作用を示す。[21]
 
 
生化学的影響
 
・ ジエチルトルアミドはアンモニアから尿素の合成と乳酸からブドウ糖の合成を阻害する。[22]
 
 
代謝
 
・ 皮膚投与後にジエチルトルアミドの分布をオートラジオグラフ法によってマウスで調べた。投与後初期には高濃度に涙腺や肝臓、胆汁、腸内容物、腎臓、尿、鼻粘膜に見られた。マウスの尿中への排出は投与直後最も高かったが、人間のボランティアでは数時間後にのみ現れた。マウスでは少ないが、有意な排泄が1か月後も続いていた。[23]
 
 
他の化学物質との相互作用(湾岸戦争症候群に関連して)
 
ペルシャ湾岸戦争後、帰還兵に原因不明の、疲労や記憶低下・関節痛を訴えた。その人数は数千人から数万人といわれている。一時は劣化ウラン弾が原因とされたが、現在は化学物質の複合的影響にも注意が集まっている。その中でもそれ自体では深刻な影響を与えないとされてきたディートの作用に関心が向けられている。
 
・ ディートや臭化ピリドスチグミンの単独投与では脳のコリンエステラーゼ活性を低下させないが、同時に投与すると脳のコリンエステラーゼ活性を低下させる。 [24]
 
・ 雌雄のラットに神経ガス防護剤である臭化ピリドスチグミンあるいはペルメトリン、ディートを7日間くり返し投与した後、行動の試験をした。単一の薬物を投与した後に影響は現れなかった。雄で臭化ピリドスチグミンとディートを投与すると運動が有意に遅くなった。雄でディートとペルメトリンを投与すると運動が有意に速くなった。雌で臭化ピリドスチグミンとディートを投与すると、運動が有意に遅くなった。雌で臭化ピリドスチグミンとペルメトリンを投与すると中心にいる時間が有意にのびた。三剤を同時に投与すると有意な影響は現れない。これらはニワトリと昆虫での行動研究と比較するとある種の類似性を持つ。この持続する影響は人間の湾岸戦争症候群に匹敵する動物モデルである。[25]
 
・ 湾岸戦争では75万人の従軍兵の中で約3万人が原因不明の神経症状を訴えている。このような症状が現れたのは従軍兵を守るために使用した複数の薬剤被ばくの影響と考えられる。ニワトリにディートや臭化ピリドスチグミン、ペルメトリンを、個々にあるいは組み合わせて投与した。一種類の化学物質を投与したより、2種類を組み合わせて投与すると影響が大きく現れる。3種の物質を同時に投与すると、さらに影響が強められる。また、血漿中エステラーゼ活性が低いことはある種の化学物質混合物により神経障害を受ける素因であろう。[26]
 
・ ディートが他の化学物質の影響を強めることは、同様にクロルピリホスとディート、臭化ピリドスチグミンの間でも知られている。[27]
 
・ このようなディートと他の薬剤の複合的影響は、湾岸戦争症候群患者の疫学的研究でも知られている。[28]
 
 
ディートをどのように扱うべきか?
 
上に述べたように、ディートが安全な化学物質とされていても、健康障害が発生する可能性がある。上記の影響が個人の体質によるのか、あるいはより一般的な影響なのかの解明は今後の研究課題であろう。しかし、事故あるいは障害が発生しうることを考えると、蚊やダニ・風土病対策として使用する場合、安全を確保するためには予防的対策が必要であろう。また、アウトドアを楽しむ場合や林間学校で使用する場合は、むやみに使わせないで、指導者や教師は事故が起こらないような使用法を指示しなければならない。
 
米国の防疫センター (CDC) [29] や米環境保護庁(EPA)[30]では障害の予防のために使用法を指示している。
 
EPAの勧告
 
・ 忌避剤は露出している皮膚や衣類にのみ使用すべきである(商品ラベルに指示されているように)。衣類の下には使うな。
 
・ 忌避剤を切り傷や傷、刺激された皮膚に決して使うな。
 
・ 眼や口に使うな、そして耳のまわりで控えめに仕え。スプレーを使う場合、顔に直接に使うな、最初に手にスプレーし、次に顔に使え。
 
・ この製品を子供に扱わせるな。そして子供の手に使うな。子供に使う場合、あなたの手に塗り、そして次に子供に塗れ。
 
・ 密閉された場所でスプレーするな。忌避剤スプレーを吸うことを避け、食品近くで使うな。
 
・ 露出した皮膚や衣類を覆うに十分なだけ使え。たくさん使うことやしみ込ませることは効果のためには不必要である。もし咬む昆虫が忌避剤の薄い膜に反応しないなら、少し多く使え。
 
・ 室内に戻った後、使った皮膚を石けんと水で洗うか入浴せよ。このことは1日にあるいは連続した日にくり返し使われた場合、特に重要である。また、衣類を再び着る前に、処理した衣類を洗え。
 
・ あなたあるいはあなたの子供が昆虫忌避剤に反応していると思うなら、使用を中断し、処理した皮膚を洗いなさい。医者に行く場合忌避剤を持って行きなさい。
 
・ 子供が探さない、鍵のかかる戸棚や納屋の中に農薬を保管しなさい。
 
・ ズボンのすそをブーツや靴下の中に入れ、長袖で明るい色の衣類を着なさい。それはダニを見つけるのを容易にする。
 
 
防疫センタの注意
 
・ 露出した皮膚あるいは衣類にのみ少な目に使う。
 
・ 高濃度の製品を皮膚に、特に子供の皮膚に使うのを避ける。
 
・ 吸入したり、飲み込んだりするな。眼に入れるな。
 
・ 長袖シャツと長ズボンを可能な場合着用し、ディート被ばくを避けるために、衣類にディートを使いなさい。
 
・ 子供の手に使うな。子供は眼や口に触れると思われる。
 
・ 傷や炎症のある皮膚に使うな。
 
・ 忌避剤を控えめに使いなさい。一回の使用は4-8時間の効果がある。たくさんかけても効果は増加しない。
 
・ 室内に入ったら忌避剤を洗い落としなさい。
 
・ 忌避剤により障害が起こったと思われる場合、忌避剤を使用した皮膚を洗い、医者に連絡しなさい。
 
 
カナダ保健省の規制 [31]
 
カナダ保健省農薬管理規制局は、2002年にディートの再評価を行い、ディートの神経毒性などを懸念して、厳しい規制をすることになった。30%より高濃度のディート製品の販売禁止を含む、次の規制が発表されている。主な点をあげると:
 
● 大人と12才より大きい子供
30%より高濃度のディートを含む製品は登録を認めない。これ以上の濃度のディートが必要(有効)であるというデータがない。低濃度でもより高い濃度と同じく有効であるが、有効な期間は短い。
 
● 子供
 
6か月より幼い子供
・ 幼児にディートを使ってはならない。
 
6か月から 2 才の子供
・ 虫に刺される危険が高い場合は、1 日に 1 回使って良い。
・ 最も濃度の低い製品(10% 以下)を使うべきである。
・ 控えめに使い、顔と手に使うな。
・ 長期使用は避けるべきである。
 
2-12 才の子供
・ 最も濃度の低い製品(10% 以下)を使うべきである。
・ 1日に3回より多く使うな。
・ 顔と手に使うな。
・ 長期使用は避けるべきである。
 
● ディートとサンスクリーンを混ぜた製品
ディートは控えめに使うべきであるが、サンスクリーンは日光から防御するために、おしまずに頻繁に使うべきである。このような矛盾した使い方をする製品の登録は認められない。
 
 
参考文献
 
1. U.S. EPA, Reregistration Eligibility Decision (RED) DEET (1998).
 
2. Veltri JC, Osimitz TG, Bradford DC, Page BC, Retrospective analysis of calls to poison control centers resulting from exposure to the insect repellent N,N-diethyl-m-toluamide (DEET) from 1985-1989. Journal of Toxicology - Clinical Toxicology 32(1):1-1 (1994).
 
3. Tenenbein M, Severe toxic reactions and death following the ingestion of diethyltoluamide-containing insect repellents. JAMA 258(11):1509-1511 (1987).
 
4. Roland EH, Jan JE, Rigg JM, Toxic encephalopathy in a child after brief exposure to insect repellents. CMAJ: Canadian Medical Association Journal 132(2):155-156 (1985).
 
5. Lipscomb JW, Kramer JE, Leikin JB, Seizure following brief exposure to the insect repellent N,N-diethyl-m-toluamide. Annals of Emergency Medicine 21(3):315-317 (1992).
 
6. Snyder JW, Poe RO, Stubbins JF, Garrettson LK, Acute manic psychosis following the dermal application of N,N-diethyl-m-toluamide (DEET) in an adult. Journal of Toxicology - Clinical Toxicology 24(5):429-439 (1986).
 
7. Petrucci N, Sardini S, Severe neurotoxic reaction associated with oral ingestion of low-dose diethyltoluamide-containing insect repellent in a child. Pediatric Emergency Care 16(5):341-342 (2000).
 
8. Schoenig GP, Hartnagel RE Jr, Schardein JL, Vorhees CV, Neurotoxicity evaluation of N,N-diethyl-m-toluamide (DEET) in rats. Fundamental & Applied Toxicology 21(3):355-365 (1993).
 
9. Dorman DC, Diethyltoluamide (DEET) insect repellent toxicosis. Veterinary Clinics of North America - Small Animal Practice 20(2):387-391 (1990).
 
10. Abou-Donia MB, Goldstein LB, Dechovskaia A, Bullman S, Jones KH, Herrick EA, Abdel-Rahman AA, Khan WA, Effects of daily dermal application of DEET and epermethrin, alone and in combination, on sensorimotor performance, blood-brain barrier, and blood-testis barrier in rats. Journal of Toxicology & Environmental Health. Part A 62(7):523-541 (2001).
 
11. Reuveni H, Yagupsky P, Diethyltoluamide-containing insect repellent: adverse effects in worldwide use. Archives of Dermatology 118(8):582-583 (1982).
 
12. Wantke F, Focke M, Hemmer W, Gotz M, Jarisch R, Generalized urticaria induced by a diethyltoluamide-containing insect repellent in a child. Contact Dermatitis 35(3):186-187 (1996).
 
13. Maibach HI, Johnson HL, Contact urticaria syndrome. Contact urticaria to diethyltoluamide (immediate-type hypersensitivity). Archives of Dermatology 111(6):726-730 (1975).
 
14 Windheuser JJ, Haslam JL, Caldwell L, Shaffer RD, The use of N,N-diethyl-m-toluamide to enhance dermal and transdermal delivery of drugs. Journal of Pharmaceutical Sciences 71(11):1211-1213 (1982).
 
15 Kondo S, Mizuno T, Sugimoto I, Effects of penetration enhancers on percutaneous absorption of nifedipine. Comparison between Deet and Azone. Journal of Pharmacobio-Dynamics 11(2):88-94 (1988).
 
16 Hussain AS, Ritschel WA, Influence of dimethylacetamide, N-N-diethyl-m-toluamide and 1-dodecylazacycloheptan-2-one on ex vivo permeation of phosphonoformic acid through rat skin. Methods & Findings in Experimental & Clinical Pharmacology 10(11):691-694 (1988).
 
17. Wright DM, Hardin BD, Goad PW, Chrislip DW, Reproductive and developmental toxicity of N,N-diethyl-m-toluamide in rats. Fundamental & Applied Toxicology 19(1):33-42 (1992).
 
18. Schoenig GP, Neeper-Bradley TL, Fisher LC, Hartnagel RE, Teratologic evaluations of N,N-diethyl-m-toluamide (DEET) in rats and rabbits. Fundamental & Applied Toxicology 23(1):63-69 (1994).
 
19. Schaefer C, Peters PW, Intrauterine diethyltoluamide exposure and fetal outcome. Reproductive Toxicology 6(2):175-176 (1992).
 
20. Gleberman SE, Volkova AP, Nikolaev GM, Zhukova EV, [Study of the embrotoxic properties of the repellent diethyltoluamide]. Izuchenie embriotoksicheskikh svoistv repellenta dietiltoluamida Farmakologiia i Toksikologiia 38(2):202-205 (1975).
 
21 Leach GJ, Russell RD, Houpt JT, Some cardiovascular effects of the insect repellent N,N-diethyl-m-toluamide (DEET). Journal of Toxicology & Environmental Health 25(2):217-225 (1988).
 
22. Brini CM, Tremblay GC, Reversible inhibition of the urea cycle and gluconeogenesis by N,N-diethyl-m-toluamide. Biochemical & Biophysical Research Communications 30;179(3):1264-1268 (1991).
 
23 Blomquist L, Thorsell W, Distribution and fate of the insect repellent 14C-N, N-diethyl-m-toluamide in the animal body. II. Distribution and excretion after cutaneous application. Acta Pharmacologica et Toxicologica 41(3):235-243 (1977).
 
24 Chaney LA, Wineman RW, Rockhold RW, Hume AS, Acute effects of an insect repellent, N,N-diethyl-m-toluamide, on cholinesterase inhibition induced by pyridostigmine bromide in rats. Toxicology & Applied Pharmacology 165(2):107-114 (2000).
 
25 Hoy JB, Cornell JA, Karlix JL, Tebbett IR, van Haaren F, Repeated coadministrations of pyridostigmine bromide, DEET, and permethrin alter locomotor behavior of rats. Veterinary & Human Toxicology 42(2):72-76 (2000).
 
26 Abou-Donia MB, Wilmarth KR, Jensen KF, Oehme FW, Kurt TL, Neurotoxicity resulting from coexposure to pyridostigmine bromide, deet, and permethrin: implications of Gulf War chemical exposures. Journal of Toxicology & Environmental Health 48(1):35-56 (1996).
 
27 Abou-Donia MB, Wilmarth KR, Abdel-Rahman AA, Jensen KF, Oehme FW, Kurt TL, Increased neurotoxicity following concurrent exposure to pyridostigmine bromide, DEET, and chlorpyrifos. Fundamental & Applied Toxicology 34(2):201-222 (1996).
 
28 Haley RW, Kurt TL, Self-reported exposure to neurotoxic chemical combinations in the Gulf War. A cross-sectional epidemiologic study. [see comments]. JAMA 277(3):231-237 (1997).
 
29. U.S. Centers for Disease Control and Prevention (CDC), Epidemiologic Notes and Reports Seizures Temporally Associated with Use of DEET Insect Repellent -- New York and Connecticut. Morbidity and Mortality Weekly Report (MMWR) 38(39);678-680 (1989).
 
30. U.S. Enviromental Protection Agency, Office of Pesticide Program, Using Insect Repellents Safely, http://www.epa.gov/pesticides/citizens/insectrp.htm .
 
31. Pest Management Regulatory Agency, Health Canada, Re-evaluation Decision Document RRD2002-01, Personal insect repellents containing DEET (N,N-diethyl-m-toluamide and related compounds) (2002).
 

最終更新 2002. 5.16 渡部和男