殺虫剤

ピレスロイド
 
春の訪れ−ふきのとう
 
 
ピレスロイドとは  除虫菊は、昔から蚊取り線香や農業用殺虫剤などに広く使われてきましたが、残効性が短いことや合成ピレスロイドが開発されたことにより、使用量は減少する傾向にあります。
 
 除虫菊製剤は天然の産物であるという理由で、ほとんど毒性検定がされていません。しかし、除虫菊に対するアレルギーは良く知られており、有効成分であるピレトリンに対する過敏反応による死亡事故も報告されています。
 
 たとえば次のような例があります。5年間の喘息歴を持つ11才の少女が、0.2%のピレトリンを含むシャンプーを使いながらイヌを風呂に入れたが、10分内に喘鳴とともに重度の息苦しさを発症し、直ちに病院に連れられていかれた。医療従事者による積極的な治療にもかかわらず、シャンプーに被ばくした後3時間内に呼吸停止で死亡しました [1]。
 
 また、ピレトリンを含むシャンプー吸入による突然の気管支痙攣による死亡例も報告されています[2]。
 
 ピレトリンの性質・構造を変えて、効果や残効性を改良するために開発されたのが、ピレスロイド剤です。初期に開発されたものは、T型とよばれ、比較的残効性や毒性が少ないのですが、以後に開発されたU型は、残効性が長く、哺乳類に対する毒性も強くなっています。ピレスロイドの種類は1000種以上あると言われています。[3]
 
 ピレスロイドの毒性は、全身に影響が及ぶ場合は少なく、局所的影響、特に感覚異常が見られます。
 


 この他に特に問題になるものには次のものがあります。
 
● 発達中の神経系の影響
 発達中の神経系(胚と胎児・幼児)は、神経細胞の増殖・移動・分化を活発に行っており、この時期にピレスロイドに被ばくさせると、被ばくが中断し、成熟した後にも構造や機能に悪影響が残ります。
 
● 神経系への影響
 成熟した神経系でも、ピレスロイド投与により様々な影響が起こります。
 
● 免疫系への影響
 免疫系でも、影響が生じます。
 
● 内分泌系への影響
 ピレスロイドは内分泌系へ影響を及ぼし、男性で乳房が女性の乳房と同じように大きくなる女性化乳房という現象を引き起こすことが知られています。
 
 急性毒性と中毒 
 発達中の神経系に対する影響
 













































 
              
 
 
 
ピレスロイドとは
 
ピレトリンが出発点となって、種々の化学的修飾を加えた合成品をピレスロイドと呼ぶ。化学的に類似しているがピレトリンは光や熱・湿気に非常に敏感である。ピレトリンの半減期は直射日光下で数時間である。合成ピレスロイドは光に対する安定性を増加させるように設計された。
 
ピレスロイドを含む農薬は安全であると、一般に宣伝されている。例えば、「除虫菊(シロバナムシヨケギク)の花に含まれる殺虫成分、ピレトリン類及びこれと化学構造のよく似たピレトリン類似の合成化合物の総称で、極めて微量で昆虫に対して速効性である一方、温血動物の体内では速やかに解毒されるため安全性が高い」といった説明がされている(4)。
 
しかし、ピレスロイドは除虫菊から抽出されるピレトリンに似ているが、より有毒で、長い分解時間を持つように設計されている。
 
ピレスロイドを含む製品は家庭用のスプレーや蚊取り線香・タンス用の防虫剤など幅広く使用されており、また農業用にもピレスロイド単独、あるいはその他の農薬と混合して使われる。また、シロアリ防除にも使われる。
 
シロアリ防除では被害も出ている。ある食堂兼住居で、ペルメトリンを用いてシロアリ駆除を行ったが、防除後、体がひりひりするといった異常感覚が女性に現れた例がある。その後、種々の化学物質に対して過敏になった。原因物質としてペルメトリンが疑われた。ピレスロイドによる感覚異常には、ビタミンEが効果があるという報告が合ったので、病院からビタミンE剤の投与を受け、転地療法を行った。その後、次第に症状は軽減して、普通の生活が送れるようになった例がある。
 
ピレスロイドは石油系の溶剤や、ピペロニルブトキシド(PBO)のような共力剤と共に製品とされる。
 
石油系の溶剤には、ベンゼンや多環式芳香族炭化水素のような発癌性の成分やアレルギーを起こすような物質が含まれていることがある。
 
よく使われている共力剤のピペロニルブトキシドは、発癌性や生殖・発達・行動などに対する影響が懸念されている。
共力剤ピペロニルブトキシド
 
 
1. Charnicia E. Huggins, Common insecticide ingredient may cause allergic reactions (2000)
 http://www.reutershealth.com/archive/2000/08/18/eline/links/20000818elin020.html
 
2. Wax PM, Hoffman RS, Fatality associated with inhalation of a pyrethrin shampoo. Journal of Toxicology - Clinical Toxicology , 32(4):457-60 (1994).
 
3. Mueller-Beilschmidt, D.,Toxicology and Environmental Fate of Synthetic Pyrethroids. Journal of Pesticide Reform, 10(3)32-37 (1990).
 
4. http://www.kincho.com/seihin/pires/pires.html
 
 
作成 2001.2.25 渡部和男 メール