フェンチオン MPP、バイジット
 
 
 
ホーム 農薬と肥料 メール
 
                   *のついた語句は用語集を参考。
フェンチオンは広く使われ、室内空気などから検出されている薬剤であるが、毒性に関する研究は不十分である。比較的毒性が高く、鳥類には非常に有毒である。

米国ではフェンチオンの用途は大きく制限されておりブタとウシの蚊駆除にしか認められていなかった。その後製造業者の求めによって2004年6月に製造販売が中止され、2004年11月で使用もできなくなった。
 
 
農薬の種類:有機燐
 
CAS:55-38-9
 
化学名:O,O-dimethyl O-4-methylthio-m-tolyl phosphorothiaote
 
別名・商品名:MPP、バイジッド、ファインケムB、ファインケム、マウントT、バイセット、Bay 29493、Baycid、Baytex、Dalf、Entex、Lebaycid、Mercaptophos、Prentox、Fenthion 4E、Queletox、S 1752、Spotton、Talodex、Tiguvon
 
製剤:油剤・粉剤・水和剤・乳剤・粒剤・粉粒剤・粉剤DL。他の農薬との混合剤もある。
 
規制
 
EPA 毒性分類U
 
EPA 制限使用農薬 Restricted Use Pesticide (RUP):鳥類と魚類・水生無脊椎動物に毒性が高いため。[4]
 
米国では食品に使ってはならない。
 
米国ではフェンチオンの使用は大きく制限され、フロリダのブタとウシの蚊の成虫の駆除にしか使用が認められていなかった。[4] その後、製造業者の求めによって [15] 2004年6月に製造販売が中止され、2004年11月で使用もできなくなった。[16, 17]
 
 
はじめに
 
フェンチオンは接触性及び経口性殺虫剤で、吸汁性、刺す有害生物などに使われる。成熟した蚊と幼虫に有効である。消化器寄生虫の駆除に米国で広く使われたことがあったが、中毒による死亡のためにFDAはもはや認めていない。殺虫剤として有効であるが、ほ乳類に中程度に毒性がある。。鳥類には高度の毒性があり、このため世界中で鳥類の駆除に使われている。公共建築物周囲の鳥類駆除に使われている。
このため、世界各地でハタオリドリ科の鳥(スズメ など)の駆除に利用された。また、行政による公共建築物周囲のハトの駆除にも使われた。鳥類の駆除に利用する際には、フェンチオンが直接体に付着して皮膚を通して素早く吸収されるようにする。このような目的で使う場合は、ペースト状のフェンチオンをねぐらや止まり場所に塗布する。[1]
 
毒性
 
急性毒性
 
○ 致死量










 
経路 動物 致死量
経口 LD50


 
ラット雄
   雌
 
405 mg/kg [2]
566 [2]
180-298 [1]
マウス 88-145 mg/kg [1]
経皮 LD50

 
ウサギ
ラット
マウス
963 mg/kg [2]
30-1000 mg/kg [2]
500 mg/kg[1]
吸入 LC50

 
ラット雄
   雌
 
0.507mg/L [2]
0.454 mg/L [2]
2.4-3.0 mg/L (1時間)[1]
 
 
フェンチオンの急性毒性は他の有機燐と似ているが、現れるまでにやや長い時間を要する[1]。
 
○ 有機燐被ばくの場合は一般的に次の症状が現れる[1]
・ しびれ
・ ひりひり感
・ 協同不能
・ 頭痛
・ めまい
・ 振戦
・ 吐き気
・ 胃痙攣(けいれん)
・ 発汗
・ 視覚低下
・ 呼吸困難あるいは呼吸抑制
・ 徐脈
 
○ 非常に多量では意識消失や失禁・けいれん・死亡を招く。[1]
 
 
中間症候群*
 
○ 65才女性がフェンチオンを飲み、急性発作7日後に中間症候群を発症した例がある。[3]
 
○ 中間症候群を発症したと思われる報告がある。[5]
 
 
慢性毒性・長期投与試験
 
○ ラットに12.5 mg/kg日を投与すると、体重低下と脳コリンエステラーゼ活性の85%阻害を4週間でおこす。2.5 mg/kg/日投与でも程度は軽いが阻害が検出されている。[1]
 
○ サルにフェンチオンを慢性投与した研究がある。血漿(けっしょう)コリンエステラーゼの低下は 0.02 mg/kg/日という少ない量で起こり、赤血球アセチルコリンエステラーゼは 0.07 mg/kg/日で起こった。[2]
 
○ 有機燐に対するくり返しあるいは長期被ばくは遅発性症状を含む急性被ばくと同じ影響を起こすだろう。[1]
 
○ ナイジェリアで散布中に防護衣を着用していなかった散布者で、全血コリンエステラーゼ活性の低下が見られた。[1]
 
○ フェンチオン散布にかかわった31人の労働者で有機燐慢性被ばく後の認識力の変化を調べた研究がある。散布者の平均年齢は32.1才で被ばく間は平均10.5年であった。労働者は散布後一過性の弱い症状を報告している。過剰なコリン作動性活動の臨床的証拠はなかったが。視覚保持検査や記憶指数などに微妙な変化が起きていることが分かった。[6]
 
○ イヌに1.25 mg/kg/日を1年間投与した場合に体重低下や餌摂取減少は見られなかった。[1]
 
中毒事故
 
○ EPAはフェンチオン再登録のために検討した文書の中で人間の中毒事故についてまとめている。中毒防止センターのデータによると、1985-1992年の間にフェンチオンの職業被ばくは52件で、非職業被ばくは417件であり、その95%以上がフェンチオンにのみ被ばくした。1993-1996年に13件の職業被ばくがあり、4例は軽い症状、1例は中等度の症状、6人は医療施設に行ったという。[14]
 
○ カリフォルニア農薬規制部は1982年から1993年の間にフェンチオン中毒の6例を報告している。その中でフェンチオンだけに被ばくしたのは3例であった。2つの事件は全身中毒となり、蚊駆除の間に散布者の顔面にスプレーが逆流したためであり、1例は作業服にフェンチオンをこぼした獣医技術者であった。[14]
 
○ イヌの局所に20%剤を使用したときに皮膚保護をしなかった動物病院労働者で、手足のひりひり感としびれから全身脱力と激しい痛みまでの症状が現れた。[1]
 
 
生殖への影響
 
○ イヌに1.25 mg/kg/日を1年間投与した場合に体重低下や餌摂取減少は見られなかった。[1]
 
○ マウスで妊娠10-12日に投与すると発達中の胎児で中毒が起こった。中毒は母マウスに毒性が現れる投与量で主に起こった。[1]
 
○ イヌに1.25 mg/kg/日を1年間投与した場合に体重低下や餌摂取減少は見られなかった。[1]
 
 
内分泌系への影響
 
フェニトロチオンではテストステロン受容体を阻害し、雄の性的発達に影響を与えることが知られており、フェニトロチオンで見られたホルモンかく乱作用は、有機燐剤に共通する可能性が指摘されている。フェンチオンでも早急に検討する必要があるだろう。
 
 
催奇形
 
○ フェンチオンに催奇性はないと思われる[1]
 
○ 器官が形成される時期に、1回あるいは3日間 80 mgまでのフェンチオンを腹腔内投与したマウスで、胎児重量は低下したが欠陥は発生しなかった。[1]
 
○ 60 mg/Lのフェンチオンを含む水を飲んだマウスの5世代で催奇影響は見られなかった。[1]
 
 
変異原性
 
○ 変異原性のデータは結論を出すには不十分である。[1]
 
○ マウスでの検定では変異原性を示さない。[1]
 
○ マウスの小核試験で陽性であった。[2]
 
○ 人間の培養リンパ球で姉妹染色分体交換を増加させる。[3]
 
○ ラットの培養肝細胞で不定期DNA合成を誘導する。[2]
 
○ フェンチオンはチャイニーズハムスター培養細胞で姉妹染色分体交換を培養細胞で引き起こす。また細胞周期の遅れを招く。[7]
 
 
発癌性
 
○ 結論を出すにはデータが不十分である。[1]
 
○ フェンチオンの発癌性試験で、発癌性であることが雄マウスで示された。[1]
 
○ ラットとマウスの2年間投与実験で発癌性は観察されていない。[1]
 
○ 米国立癌研究所の研究で、フェンチオンを投与したラットで甲状腺腺腫と精巣腫瘍の発生が見られた。その後のより多量を投与した実験では同じ種類の腫瘍が増加するという証拠は見られていない。[2]
 
○ マウスに0.1、1.0、 5、25 ppmのフェンチオンを含む餌を102週間与えた実験で、 5 ppm投与グループで肝臓腫瘍の発生が多かったが、25 ppm投与群では多くなかった。[2]
 
○ マウスに10又は20 ppmのフェンチオンを含む餌を投与した場合に、皮膚腫瘍(肉腫、繊維肉腫、横紋筋肉腫)の発生が見られた。同様の以後の研究では腫瘍の発生増加は見られなかった。[2]
 
 
器官毒性
 
標的器官には中枢と末梢(まっしょう)神経系、心臓がある。また眼にも長期的影響を与える。[1]
 
 
神経系に対する影響
 
中毒時の錐体外路症状の発生
 
○ フェンチオン中毒後に錐体(すいたい)外路症状が現れた例がスリランカのペラデニヤ大学のグループによって報告されている。この錐体外路症状の特徴は、ジストニアと静止時振戦・歯車様剛直・舞踏病様アテトーシス*であった。中毒後のこれらの徴候の発症までに4日から40日の遅れがあった。症状は1-4週間後自然に消失した。これらの症状の発現にはアセチルコリン作動系が関与していると思われる。[8]
 
 
脳の細胞を破壊する
 
○ 海馬(かいば)は短期的な記憶に関与する脳の部位であるといわれている。フェンチオンに対する長期少量被ばくの海馬に対する神経毒性を米国環境保護庁のベロネシらのグループは検討した。ラットに25 mg/kg/日のフェンチオンを 週 3 回経皮投与し、2か月と10か月間の被ばく期間後に海馬で形態的及び生化学的な検査をした。[9]
 
被ばく2か月後には海馬の一部である歯状回やCA4、CA3といわれる部位で、グリオーシス*や膨化した細胞や壊死(えし)した細胞・細胞脱落が見られた。この時期の脳では中隔や歯状回分子層、CA4、固有海馬でアセチルコリンエステラーゼ染色は激しく低下した。
 
10か月の被曝(ひばく)後、CA4とCA3、細胞壊死とグリオーシスは強くなり、時にはCA2までに広がった。
 
2か月と10か月の被ばく後にアセチルコリンエステラーゼはそれぞれ65%と85%抑制された。海馬のムスカリン性受容体は2か月と10か月にそれぞれ6%と15%低下した。
 
別の老化したラット(12か月)のラットに同じようにフェンチオンを投与し、2か月と10か月間被ばくさせた。老化したラットでは2か月の投与で、若いラットに10か月間投与した場合と同じ様な重度の海馬変性を示した。10か月間投与した場合さらに広汎な組織の病的変化を示し、時にはCA1にも変性が見られた。
 
これらの結果は若いラットと老化した動物で、抗コリンエステラーゼ化合物の少量長期投与は、深刻な神経毒作用をほ乳類海馬で生じることを示している。特に老化したラットでは重度の損傷を受けることを示している。
 
 
行動に対する影響
 
フェンチオン散布にかかわった31人の労働者で有機燐慢性被ばく後の認識の変化を調べた研究がある。散布者の平均年齢は32.1才で被ばく間は平均10.5年であった。労働者は散布後一過性の弱い症状を報告している。過剰なコリン作動性活動の臨床的証拠はなかったが。視覚保持検査や記憶指数などに微妙な変化が起きていることが分かった。[10]
 
 
視覚系に対する影響
 
幾つかの研究が有機燐被ばくが視覚系に害を与えることを示している。ノースカロリナ大学のタンドンらの研究グループは、100 mg/kgのフェンチオンを皮下投与して、ラット網膜のコリン作動系に対する影響を調べた。投与後4、14、56日後にコリンエステラーゼ活性とムスカリン受容体*機能を、網膜と前頭皮質で調べた。4日でフェンチオンは網膜と大脳で89%のコリンエステラーゼ活性の阻害を起こしたが、56日でわずかな(15%9)活性の阻害を起こしている。カルバコール*刺激イノシトール燐酸(細胞内の信号伝達に関与する)の放出の長期的低下がフェンチオン投与後網膜で認められた。イノシトール燐酸放出抑制は4日で見られ、56日後も継続していた。網膜と大脳皮質のムスカリン型コリンエステラーゼ受容体密度は4日で14-20%低下し、56日には対照レベルに戻った。フェンチオンは網膜や皮質で明白な形態的変化を生じないが、グリア線維酸性蛋白の免疫反応は増加した。この増加は14日で見られ、56日も続いていたが、大脳皮質では見られない。この網膜のフェンチオンによるコリン作動性第二メッセンジャー系の長期的混乱は、コリンエステラーゼ活性やムスカリン性アセチルコリン受容体の下方制御と独立して起こる。[11]
 
このことはフェンチオンは眼の機能に影響を与えることを示している。
 
 
他の物質との相互作用
 
カーバメート系殺虫剤の毒性増強
 
フェンチオンがBPMC (カーバメート系殺虫剤、バッサ)の毒性を強めることが知られている。BPMCと致死量の40分の1のフェンチオンをマウスに同時に投与するとBPMCの毒性が2-3倍に増加する。またフェンチオンを1時間前に投与すると、BPMCの毒性が7-9倍増加する。これはBPMCの代謝がフェンチオンの代謝産物により抑制されたためと考えられる。[12]
 
医薬品との相互作用
 
H2ブロッカーであるシメチジン(胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療薬)は、多くの医薬品や嗜好品・食品と相互作用を持ち、医薬品の効果を強めあるいは持続させ又は副作用を及ぼすことが知られているので、シメチジンとフェンチオンを組み合わせた場合の影響をラットで調べた。致死量の1/10から1/20のフェンチオンを14日間あるいは致死量の1/5を4日間投与し、シメチジンは7-13日に1,500 mg/kg投与した。シメチジンはコリンエステラーゼに影響を与えなかったが、フェンチオンは臨床症状を生じさずに、コリンエステラーゼの活性を低下させた。12.5 mg/kgとシメチジンを投与したラットで1匹のラットが死んだが、シメチジンと24.5 mg/kgあるいは49 mg/kgのフェンチオンを投与したラットは8-10日に全て死んだ。[13]
 
このように、H2ブロッカーを使用している場合、フェンチオンの影響が強く現れる。他の有機燐剤でも注意すべきである。
 
 
 
人間と動物内での運命
 
○ フェンチオンは消化器や肺・皮膚から血中に急速に吸収され、全身に分布する。[1]
 
○ 尿と糞から排出される。[1]
 
○ 1回投与すると作用が長引く。このことはフェンチオンの多くが体脂肪に蓄えられ、後に放出されることが知られている。皮膚投与3日後に殺した子牛の脂肪中でフェンチオンとその代謝物が検出されている。[1]
 
○ ウシに9 mg/kgのフェンチオンを皮膚に投与すると、投与量の45-55%が尿中に排出され、2.0-2.5%が糞に、1.5-2.0%が牛乳で回収された。[1]
 
 
生態影響
 
鳥類への影響
 
○ フェンチオンは鳥類に毒性が非常に強く、コリンウズラで4 mg/kgより低く、アヒルで26 mg/kgである。[1]
 
○ 鳥類でのフェンチオン中毒の急性症状は、流涙・泡状のよだれ・運動低下・振戦・気管の充血・歩行の場合の協同欠乏・呼吸が異常に急速・呼吸困難である。[1]
 
○ ニワトリはフェンチオンを25 mg/kg投与した場合、足が弱まる。家禽類の急性経口LD50は15-30 mg/kgである。[1]
 
○ 30日間0.5 mg/kg/日のフェンチオンを投与すると、生き残ったマガモの産んだ卵は出生率が低下した。[1]
 
水生生物への影響
 
○ フェンチオンは魚に中程度に毒性があり、ニジマスの96時間LC50値は9.3 mg/L、金魚で3.40 mg/Lである。[1]
 
○ 淡水無脊椎動物に非常に有毒である。[1]
 
その他の生物への影響
 
○ ハチに非常に有毒である。[1]
 
 
環境中運命
 
土壌と地下水中での分解
○ フェンチオンは土壌に中程度に残留し、野外の平均半減期はほとんどの条件で34日である。[1]
 
○ 土壌中で、フェンチオンは約4-6週間残留する。[1]
 
○土壌粒子にかなり強く吸着し、土壌を通って動かないと思われる。[1]
 
 
水中での分解
 
○ フェンチオン使用の2週間後、河川水中に50%が残っていたが、4週間後には10%であった。[1]
 
○ アルカリ条件下ではより速く分解する。[1]
 
 
植物内での分解
 
○ 薬害が起こることが報告されている。[1]
 
○ イネに散布したフェンチオンの10%が6時間後に葉に残っていた。半分は米ぬかに、6.5%が精米にあった。[1]
 
 
参考文献
 
1. Extension Toxicology Network, Pesticide Information Profiles, Fenthion (1996).
 
2. U.S. EPA, FENTHION: The HED Chapter of the Reregistration Eligibility Decision Document (RED), Case #0290, PC Code 053301.
 
3. Hazardous Substances Data Bank, FENTHION (2001); http://toxnet.nlm.nih.gov/cgi-bin/sis/htmlgen?HSDB
 
4. U.S. EPA, Fenthion Summary (1999); http://www.epa.gov/pesticides/op/fenthion/fenthionsum.htm
 
5. Merrill DG, Mihm FG. Prolonged toxicity of organophosphate poisoning. Critical Care Medicine 10(8)550-551 (1982).
 
6. Misra UK, Prasad M, Pandey CM. A study of cognitive functions and event related potentials following organophosphate exposure. Electromyography & Clinical Neurophysiology 34(4)197-203 (1994).
 
7. Chen HH, Sirianni SR, Huang CC. Sister-chromatid exchanges and cell-cycle delay in Chinese hamster V79 cells treated with 9 organophosphorus compounds (8 pesticides and 1 defoliant). Mutation Research 103(3-6)307-313 (1982).
 
8. Senanayake N, Sanmuganathan PS. Extrapyramidal manifestations complicating organophosphorus insecticide poisoning. Human & Experimental Toxicology 14(7)600-604 (1995).
 
9. Veronesi B, Jones K, Pope C, The neurotoxicity of subchronic acetylcholinesterase (AChE) inhibition in rat hippocampus. Toxicology & Applied Pharmacology 104(3)440-456 (1990).
 
10. Misra UK, Prasad M, Pandey CM, A study of cognitive functions and event related potentials following organophosphate exposure. Electromyography & Clinical Neurophysiology 34(4)197-203 (1994).
 
11. Tandon P, Padilla S, Barone S Jr, Pope CN, Tilson HA, Fenthion produces a persistent decrease in muscarinic receptor function in the adult rat retina. Toxicology & Applied Pharmacology 125(2)271-280 (1994).
 
12. Miyaoka T, Tsuda S, Shirasu Y, Mechanism of potentiation of BPMC toxicity by fenthion pretreatment in mice. Journal of Pharmacobio-Dynamics 9(9)697-703 (1986).
 
13. Sakaguchi K, Akahori F, Shirai M, Masaoka T, Arishima K, Kounenis G, Effect of combined fenthion and cimetidine use in rats on lethality, blood cholinesterase activities, and serum cholinesterase isoenzymes. Veterinary & Human Toxicology 40(2)77-82 (1998).
 
14. U.S. EPA, Overview of Fenthion , Revised Risk Assessment(1999).
 
15. U.S. EPA, Fenthion Voluntary Cancellation Requested (2003). see
http://www.epa.gov/oppfead1/cb/csb_page/updates/fenthion-volcnl.htm
 
16. U.S. EPA, Fenthion Voluntary Cancellation Requested (2003). see
http://www.epa.gov/oppfead1/cb/csb_page/updates/volc-fenthion.htm and
 
17. サステイナブル21、米国環境保護庁:フェンチオンの自発的取消要請(2003): http://www.geocities.jp/sustainable21jp/EPAfenthion03.htm
 
 

最終更新 2005年 1月 31日
更新 2001年8月11日
掲示 2001年7月14日 渡部和男 メール