用語(日本語)
オオイヌノフグリ
気の毒な名前

ホーム  メール


他のページでやや難解な語句を使った場合に、理解の助けになればと考えて作成しました。できるだけ分かりやすさを重視したために、多少不正確な場合があります。不適当と思われる項目があれば連絡をお願いいたします。


          

A−D E−G H−K L−O P−S T−Z




アセチルコリン acetylcholine
神経伝達物質の一つ。脳や自律神経節や運動神経などに存在する。

アセチルコリンエステラーゼ acetylcholine esterase
シナプスに存在し、神経終末から遊離したアセチルコリンを速やかに酢酸とコリンに分解し、失活させる酵素。有機燐やカーバメート系の殺虫剤によって阻害される。

アセチルコリン受容体 acetylcholine receptor
神経伝達物質アセチルコリンの受容体(レセプター)。アセチルコリンが受容体と結合すると、ナトリウムやカリウムの膜透過性が上昇し、脱分極が起こる。ニコチン性*とムスカリン性*の2つの受容体に区分される。

アラニンアミノトランスフェラーゼ alanine aminotransferase
→GPT

アルカリホスファターゼ alkaline phosphatase
ALP。燐酸化合物を加水分解する酵素。最適pHがpH 10付近にあるものをいう。この酵素は一種類でなく、血液中には肝臓や骨、胎盤、小腸、胎盤、癌などから由来する酵素がある。肝臓疾患や骨疾患、腫瘍などの場合に値が高くなる。

アルツハイマー病 Alzheimer's disease
初老期痴呆で、大脳の広汎な細胞脱落と組織学的に(顕微鏡で標本を見たときに)老人斑とアルツハイマー原線維変化が見られる。一般的な老人性痴呆との違いははっきりしないという。40-50代に発病し、速やかに進行し、痴呆となる。リスクを高める遺伝子の発見や発症のメカニズムに関する研究が進んでおり、環境因子との関連も推定されている。
 
アルボウイルス arbovirus
媒介する動物として節足動物(昆虫やダニ・甲殻類など)を使うウイルスを総称する。このグループで100種類ほどが人間で病気を起こすという。
 
アロモン allomone
生物間に働く物質の一つで、化学物質を出した側に有利に働くもの

アンドロゲン→男性ホルモン、テストステロン
 
一塩基多形 single nucleotide polymorphism
遺伝子多型の中で、1箇所が他の塩基に置き換わった多型を一塩基多型(という
 
ウイルスの分類
ウイルスは通常の分類学的手法では分類されていない。ウイルスの分類は、大きさやm核酸の種類(DNA又はRNA)、キャプシドというウイルスを取り巻くタンパク質、宿主、免疫学的性質によって分けられる。
 
異数性 aneuploid
染色体に起こる突然変異の一種で、減数分裂の時に染色体数が減少したり増加したりする。ダウン症候群は人間で21番目の染色体が1本多い場合の例である。
 
ウエルニッケ脳症 Wernicke's encephalopathy (dissease)
アルコール依存症患者などで、食事のかたよりなどによるビタミンB1欠乏によって起こる。眼球運動障害と失調性歩行、意識障害が三つの主な徴候とされる。眼球運動障害は外転神経麻痺や両側前方注視麻痺、上方注視麻痺、両側内転麻痺などがある。多発神経炎や低体温、コルサコフ症候群が現れることがある。病理学的には、脳の乳頭体や第三脳室と中脳水道、第四脳室の周囲の変性が特徴である。

ウマ脳炎 equine encephalitis
米国で見られる脳炎。病原体はウイルスで鳥類あるいは齧歯類から由来するという。ウマの間にも広がり、ウマとの接触あるいは蚊に刺されることによって人も感染する。患者の多くは小児であり、流行地の成人は自然免疫を獲得している。臨床症状は日本脳炎に似ており、急性発熱と意識障害、髄膜炎様症状と各種の神経症状が現れる。
 
 
ウロキナーゼ urokinase
1952 年に発見されたセリンプロテアーゼで、プラスミノーゲンを限定切断し、活性のある酵素プラスミンに構造変化させるプラスミノーゲン・アクチベーター活性をもつ。

ウワバイン ouabain
酵素、ナトリウムカリウム依存性ATPアーゼに特異的に結合し、阻害する植物アルカロイド。
 
エームス試験  Ames test
化学物質などがDNAに作用し塩基配列に損傷を引き起こす性質(変異原性)を調べる試験。ヒスチジン要求性のネズミチフス菌変異株を試験物質とともに培養すると、化学物質に変異原性があれば、菌に復帰突然変異が起こりヒスチジン非要求性になり、ヒスチジンなしでも増殖できる。このコロニーを数え、変異原性の有無を判定する。
 
エピジェネテックス epigenetics
 化学物質の遺伝子への影響は、化学物質がDNAに変異を起こすかどうかが注目され、このような変異原性を持つ物質が注目され、規制もされてきた。ヒトのゲノムの概要がほぼ判明してからは、遺伝子(DNA)の発現(DNAからmRNAやタンパク質が作られること)が注目されるようになってきた。
 DNAの塩基配列に変化がなくとも、DNAやヒストンが化学修飾されることにより、遺伝子発現が変化する事が分かり、この化学修飾は細胞分裂を経てもこの変化は維持される。これらを取り扱う研究分野をエピジェネテックスという。このエピジェネテックな変化は様々な組織に受精卵が分化する場合に重要であり、また環境によってもこの変化が生じる事が知られている。癌化や老化など様々な健康状態とエピジェネテックスとの関連の研究が進められている。
 
オッズ比 odds ratio
2つの群の間のリスクの比。ある条件下で生活した群とその条件がない群との間で発病する比が1より大きければ、その条件下で生活すると有症率が大きいことを意味する。競馬などのオッズも同じ意味(2倍などという)。
 
オプソクローヌス opsoclonus
水平及び垂直方向の急速で、不規則な、非律動的な眼の動き。オプソは眼、クローヌスは混乱した動きを意味する。

オープンフィールド試験 open field test
動物を円形や四角形などの形をした入れ物に入れ、その中での区画の移動数や立ち上がり回数、身づくろい回数、移動を開始するまでの時間などを測定し、自発運動量や情動行動・探索行動などを調べる試験。




回転棒試験 rotor rod (rotorod test)
運動協調性の障害を調べる検査。回転する棒の上に動物を置き、落下頻度あるいは落下までの時間を調べる。

解糖系 glycolysis system
グルコース(あるいはグリコーゲン)をピルビン酸(あるいは乳酸)に変える系で、エネルギーとして必要なATPを作る。好気的条件では、さらにピルビン酸はTCA回路に取り込まれ、効率的にATPを作る。
 
カイロモン kairomone
寄生又は摂食される動植物が発する物質で、寄生又は摂食する昆虫などを引きつける物質。
 
核内倍化endoreduplication
細胞分裂を伴わないで染色体が倍(2、3倍など)になる染色体レベルでの異常。

過形成 hyperplasia
組織の細胞や線維が数を増し、増加することをいう。増加には腫瘍性のものと非腫瘍性のものがあるが、厳密に過形成という場合は非腫瘍性のものをさす。慢性的に細胞増殖が続くと、腫瘍発生につながることがある。

カタレプシー catalepsy
強直症ともいう。他者から与えられた姿勢が多少無理なものであっても、長時間その姿勢を保ち続ける状態をいう。精神分裂病や心因性反応などで見られ、薬剤によっても生じる。

活動電位 action potential
神経や筋肉などの興奮精細胞膜で全か無の法則に従って起こる電位変化。スパイクやインパルスとも呼ばれる。静止電位*から脱分極していくと、約-20 mVを超えると、一挙に性の電位となる。活動電位は神経の興奮伝導や筋細胞の収縮に重要である。これには膜をたナトリウムの移動が主に関連するが、その他のイオンも関連する。
 
カポジ肉腫 Kaposi's sarcoma
ヘルペスウイルス科ウイルスによって引き起こされる肉腫。エイズ患者の末期に発症することが知られている。免疫力が非常に低下したヒトの血管内皮細胞に、ヒトヘルペスウイルス8が日和見感染し、癌を起こす。カポジ肉腫は主に地中海系またはユダヤ系の高齢男性や一部のアフリカの小児と若い男性、免疫抑制剤を投与されている患者、そしてエイズ患者で起こる。免疫機能改善とともに良くなることが知られている。

カルバコール carbachol
副交感神経作動薬。アセチルコリン*のアセチル基をカルバモイル基と置換して作る。ムスカリン性*とニコチン性*の受容体の両方に作用し、アセチルコリンエステラーゼによって加水分解されない。

カルボキシルエステラーゼ carboxylesterase
酵素。 EC 3.1.1.1。カルボン酸エステルを分解しカルボン酸とアルコールを生じる。特異性は低い。
 
カルボン酸 carboxylate
カルボキシル基-COOHをもつ有機化合物をカルボン酸といい,R-COOHで示される。。分子中カルボキシル基数に応じてそれぞれモノ-(1個の場合)、ジ-、トリ-(3個の場合)カルボン酸という。また,鎖状構造モノカルボン酸は脂肪酸と呼ばれる。

癌 cancer, carcinoma
悪性腫瘍のうち上皮性の腫瘍を指す。また、悪性腫瘍一般を指すこともある。癌の罹患率は胃癌などで減っているが、肺癌や乳癌・肝臓癌・結腸癌など多くが増えている。近年の癌増加の原因には遺伝的因子もあるが、環境因子が大きいと考えている人が多い。

癌遺伝子 oncogene
癌を引き起こすことがある遺伝子。成長因子や成長因子受容体、プロテンキナーゼ、信号伝達系、転写因子などが含まれる。正常な遺伝子が変化したものとも考えられている。これらの遺伝子が恒常的に発現すると、制御できない細胞増殖が起こる。

間細胞(精巣の)interstitial cell
 →ライデッヒ細胞

気管支漏 bronchorrhea
気管支粘膜からの過剰な粘液分泌をいう。

拮抗作用 antagonism
2つの物質を同時に投与した場合、片方の物質の単独投与による効果より小さくなる場合を拮抗という。これには2つの物質が不活性な複合体を形成する場合と、同一受容体に2つの物質が結合するときに片方の薬物作用が拮抗される場合(競合的阻害)などがある。その他に、一方の物質の代謝や排泄をを促進する場合や、反対の性質を持つ物質が片方の作用を抑制する場合がある。

嗅覚性方向反応 Olfactory Orientation
引きつける嗅覚刺激を与えた時に、その方向への向かう反応をいう。移動を指標として、移動をはじめる時間や方向・反応の有無などを調べる。

グラウィッツ腫瘍 Grawitz tumor, hypernephroma
腎臓の悪性腫瘍の1つ。腎臓腫瘍の85%を占め、ほとんどが40才以上で発症する。発見したドイツ人病理学者の名前から命名された。近位尿細管由来と考えられている。

グリオーシス gliosis
脳や脊髄などの中枢神経系に炎症や細胞の壊死などが起こると、異物の除去などのためにグリア(神経膠)が増えることをいう。

γ−グルタミルトランスペプチダーゼ → γ-GTP

クレアチンキナーゼ creatine kinase
ATPによりクレアチンを燐酸化するのを触媒する酵素。

クロム親和性細胞
重クロム酸カリによって黄褐色に染まる細胞をクロム親和性細胞といい、副腎髄質に主に見られるが、交感神経幹などの周囲などに見られる。アドレナリンやノルアドレナリンを分泌する。

形質転換 transformation
トランスフォーメーションともいう。細菌にDNAが入ることによって細胞の性質が変化する現象をいう。放射線や化学物質などによって動物細胞が性質を変え悪性化した場合もいう。

傾斜板試験 inclined plane test
一定の角度に傾けた板あるいは金網の上での運動を観察して運動協調性、平衡感覚、筋力などを複合的に評価する試験。

痙性歩行 spastic gait
つま先を引きずるような歩行。

甲状腺 thyroid gland
のどにある内分泌腺で、甲状腺ホルモンを分泌する。基本的構造は濾胞からなる。濾胞は一層の濾胞を作る細胞によって囲まれており、濾胞の内部を濾胞腔といい、サイログロブリンを主とする蛋白質が入っている。濾胞細胞はサイログロブリンを分泌し、甲状腺刺激ホルモンの刺激により、サイログロブリンから甲状腺ホルモンを作り、血液中に分泌する。また、甲状腺の中にはカルシウム濃度を調節するホルモン、カルシトニンを分泌する傍濾胞細胞がある。
呼吸
動物に関しては、外呼吸と内呼吸がある。外呼吸とは動物が外界から酸素を取り入れて二酸化炭素を排出することをいう。これに対して内呼吸は、細胞が有機物を分解・酸化しエネルギーを獲得することをいう。この過程では酸素を必要とする。酸素呼吸や内呼吸などという。また、解糖・発酵などのように、無酸素状態で有機物を分解してエネルギーを獲得する無気呼吸もある。

コホート研究 cohort study
病気が発生する原因を調べるために、人間の集団を対象に行う疫学の研究法。コホートは軍隊や同年齢集団などを指すことばである。想定された危険因子に曝されている集団と、曝されていない集団とで、罹患率などを追跡観察し、危険因子の役割を明らかにする。
 
コメットアッセイ Comet assay
 Single Cell Gel Electrophoresis assay (SCGE)とも言う。DNA初期損傷を細胞レベルで検出する試験法。様々な組織で評価可能である。単一細胞ゲル電気泳動である。さほど複雑でないが敏感な技術で、個々の細胞レベルでDNA障害を検出する。Singh et al. (1988)が最初に記載。アガロース(寒天の主成分)で封入し、中性やアルカリ条件下で加水分解し、電気泳動を行う。その後DNA染色によって可視化し、蛍光を調べてDNA障害の程度を決定する。このときの形が彗星に似ているのでコメットという。  
 
 
混合機能オキシダーゼ mixed function oxidase
 分子状酸素が直接基質を酸化するのを触媒する酵素一群である。反応は1酸素原子が基質に、残りの1酸素原子が水素供与体の水素と結合する。解毒機能やステロイド合成などに関与する。P-450などが関与することが多い。
 
コンプライアンス compliance
 肺の広がりやすさ。

 
サイトカイン
 サイトカインとは、細胞を意味する「サイト」と、作動因子を意味するの「カイン」が組み合わさった用語。当初は免疫系の制御や炎症の誘発、抗腫瘍性作用等が注目されていたが、細胞増殖や分化など生体の恒常性維持に重要な物質であることが判明。インターロイキや腫瘍壊死因子、線維芽細胞増殖因子、インスリン様成長因子など多くの種類がある。
 
細胞障害性T細胞 CTL, cytotoxic T cell
リンパ球T細胞の一種。宿主にとって異物である細胞を認識して破壊する。以前はキラーT細胞とも呼ばれた。高原提示細胞が提示した抗原により分化活性化し、同じ高原を持つ細胞をアポトーシスで破壊する。
 
細胞浸潤 cell infiltration (炎症性細胞浸潤)
 組織内に白血球が出ている状態を言い、炎症の重要な組織学的所見である。
 
シガテラ毒 ciguatoxin
 熱帯から亜熱帯のサンゴ礁にすむ魚による中毒をシガテラと総称し、その魚に含まれている毒素をシガテラ毒(シガトキシン)という。感覚異常やめまい・運動失調・関節痛などがおこる。藻類が生産する毒素を魚が蓄積することにより有毒化する。有毒となる魚は数百種類に上るという。
 
シクロホスファミド cyclophosphamide
医薬品。抗ガン剤や免疫抑制剤として使われる。多くの副作用が報告されている。
 
シナプス synapse
 興奮をする細胞の間の構造と機能とが特殊化した結びつきをいい、これによって興奮が一方から他方に伝えられる。一般に、電気的シナプスと化学的シナプスに分けられる。電気的シナプスはギャップ結合によって直接電気的結合が作られる。信号伝達の方向は一方性のものと両方向性のものがある。大部分のシナプスは化学的シナプスであり、神経終末と効果器(筋肉など)や神経細胞との間にはシナプス間隙と呼ばれるすきまがある。活動電位が神経終末に達すると、終末から神経伝達物質*がシナプス間隙に放出され、拡散してシナプス間隙を横切り、反対側の膜(後シナプス膜)にある神経伝達物質受容体と結合し、活動電位に影響を及ぼす。シナプスが興奮を伝達する場合興奮性シナプス、抑制作用を伝達する場合抑制性シナプスと呼ばれる。
 
症例対照研究;=ケースコントロール研究 case-control study
 病気などに罹患した人と罹患しない人で、特定の環境影響の有無を比較し、罹患した人はどのような危険因子に曝されたかを調べる研究。罹患率を計算できないので、オッズ比を使う。オッズ比が 1 より高ければ、ある因子(危険因子)と病気の因果関係が強く、1 であれば関係がなく、1 より小さければ逆に保護的であるといえる。
 
神経芽(細胞)腫 neuroblastoma
 神経芽腫ともいう。小児期の腹部の悪性腫瘍で最も多い。この細胞は神経堤(てい)(冠)起源である。神経堤とは、脊椎動物の発生中に神経管の背側の皮下に索状に見られ、後に左右に分かれ、更に移動し、交感神経の神経節や副腎髄質細胞・色素細胞などに分化する。この腫瘍は交感神経系組織、特に副腎から発生することが多い。多量のカテコルアミンを分泌し、尿の中に多量のカテコルアミン代謝物質が検出され、スクリーニングに用いられる。3才までに75%が発症するという。発症頻度は、米国では約7,000人に1人、日本では15,000人に1人であるという。また、約7,000人に1人という札幌市からの報告もある(花井ら、1999)。
花井潤師、竹下紀子、桶川なをみ、水嶋好清、佐藤勇次、藤田晃三、西基、武田武夫、畑江芳郎、内藤春彦 札幌市における新しい神経芽細胞腫スクリーニングデータ処理システムと1999年度スクリーニング結果、札幌市衛生研究所年報, 27.
 
進行性核上性麻痺 progressive supranuclear palsy
 脳の変性疾患であり、歩行や平衡障害を生じる稀な疾患。最も明瞭な徴候は注視障害である。抑うつや感情鈍麻・痴呆などの感情及び行動の変化を示すことが多い。脳の橋や大脳基底核・小脳に障害が見られる。60代で発症することが多い。
 
 
信頼区間
 信頼区間という。調査研究ではいくつかのグデータから全体のことを推定するが、結果にどのくらいの信頼性があるかを示すために使う。95%信頼区間は、全体の値がこの区間にある確率95%であることを示す。
 
水尿管症 hydroureter
 尿やその他の液体がたまって、尿管が異常に拡張したもの。腎盂と塵肺の拡張を伴うことが多く、その場合水腎水尿管症と呼ばれる。
 
 
水銀 mercury
 重金属の一種。中毒の場合には神経系などに様々な症状を引き起こす。魚などにはメチル水銀の形で存在し、生物濃縮が起こることが知られている。微量のメチル水銀摂取が胎児や小児に影響を及ぼすことが懸念されている。水銀含有量は地殻で0.08 ppm、土壌中で0.03-0.3 ppm、自然水中で0.01-0.1 ppb、海水中で0.03〜1.2 ppbという。水質基準 0.0005 mg/l(≒0.5 ppb)。
 
 
スデック症候群 Sudeck syndrome
 手足の強い疼痛、浮腫状のびまん性の腫れ、関節可動制限、高度の骨萎縮(スデック骨萎縮)を示し。打撲や骨折、急性関節炎の後に見られる。原因は交感神経を経由する反射機構によるという。
 
スーパーオキシド superoxide
生体内で作られる活性酸素の一種。非常に活性の強い酸素であり、相当の障害を与え、血清の蛋白質分解酵素を阻害する物質を不活性化し、気腫の原因となる。
 
スーパーオキシドジスムターゼ superoxide dismutase
スーパーオキシドを分解し、過酸化水素と酸素の形成を触媒する一連の金属酵素酵素。スーパーオキシドによる傷害から防御する。
 
スピペロン spiperone
向精神薬。ドーパミンと拮抗し、精神分裂病の治療に使われる。
 
 
スモ SUMO
 SUMOはSmall Ubiquitin-like Modifierの略であり、小さなユビキチン様修飾因子である。SUMOはユビキチンと同じようにいろいろな種に存在。SUMOは他のタンパク質に結合し、そのタンパク質の機能をコントロールする。遺伝子の修飾にも関連する。
 
静止電位 resting potential
 膜電位とも呼ぶ。静止状態の細胞で細胞膜内外の電位差。細胞内は外部に対して-70−-90 mVとなる。電位はイオン濃度と膜のイオン透過性によって定まる。

成長因子 growth factor [=増殖因子、細胞増殖因子]
動物で特定の細胞の増殖や分化を促進、あるいは抑制する内因性タンパク質。成長因子はサイトカインとして、あるいはホルモンとして扱われるものがある。標的となる細胞表面の受容体と特異的に結合し、細胞間シグナル伝達物質として作用する。成長因子には次のようなグループがある。
上皮成長因子
インスリン様成長因子
トランスフォーミング成長因子
神経成長因子
脳由来神経栄養因子
血管内皮細胞増殖因子
顆粒球コロニー刺激因子
顆粒球マクロファージコロニー刺激因子
血小板由来成長因子
エリスロポエチン
トロンボポエチン
塩基性線維芽細胞増殖因子
肝細胞増殖因子
 
赤血球大小不同症 anisocytosis
赤血球の大きさが不ぞろいなことをいう。多くの血液疾患で認められる非特異的な所見である。

洗顔動作 Preening
動物が前肢で顔を洗う動作で、情動行動の指標。オープンフィールド試験を見よ。

腺腫 adenoma
良性腫瘍で、唾液腺や乳腺・消化管などの外分泌腺、下垂体や・甲状腺・副腎などの内分泌腺、肝臓、腎臓などの腺上皮から発生する。

セントルイス脳炎 St. Louis encephalitis
ウイルスは北米、中南米に広く分布する。カによってのみ媒介される。米国東部においては、何年かごとに流行を繰り返しているが、西部では四季を通じて散発的に発生している。主に夏に患者が発生する。軽症では頭痛を伴う発熱を示し、重症では髄膜炎症状あるいは脳炎症状を呈し、意識障害、痙攣、めまいも現れる。

前立腺 prostate
男性にのみ存在し、膀胱の下に接する長さ2.5 cm、幅 4.0 cm、厚さ1.5 cm 程度の大きさがある。尿道が中を通り、射精管が尿道に開口する。前立腺から射精時に前立腺液が分泌される。機能は十分に解明されていない。性ホルモンの影響を受けやすい。関連する主な疾患は前立腺癌や前立腺肥大がある。

増殖細胞核抗原 proliferating cell nuclear antigen (PCNA)
分裂している細胞の核の中に現れる蛋白質。DNA複製と修復の補助因子である。

ソラニン solanine
ジャガイモの芽や緑色の皮などの部分に含まれているアルカロイド。非特異性コリンエステラーゼ阻害作用や運動中枢神経の麻痺作用・消化管刺激作用を持つ。多量に摂取すると数時間後から嘔吐、下痢、食欲減退などが起こる。死亡する場合もある。




胎児(性)ヒダトイン(あるいはフェニトイン)症候群 fetal hydatoin (or phenytoin) syndrome
母親が妊娠中に抗けいれん(てんかん)剤ヒダトインやフェニトインを服用した場合に生じる症候群。異常には、成長と精神発達の障害、顔面の形態異常、骨や関節・心臓・その他の異常がある。神経芽細胞腫や間葉細胞腫・ウイルムス腫などを発生することも報告されている。また、奇形を伴わなくとも、神経芽細胞腫が発生した例が報告されている。
多形紅斑
 

多染性 polychromasia (赤血球の)
赤血球を染色(ギムザ染色)すると、一般には赤く染まる。時には赤みをおびたに青く染まる場合がある。このような場合多染性と呼ぶ。多染性赤血球は細胞内にRNAを含む赤血球である。悪性貧血では多染性赤血球が増加する。

多臓器不全 multiple organ failure, MOF
重要な器官が同時に又は短期間に次々と機能不全となること。これらの器官は心臓・肺・肝臓・腎臓・消化管・中枢神経・凝固系などがあり、3つ以上に障害が現れた場合をいう。一般に予後は悪く、死亡することが多い。

立ち上がり rearing
行動学で用いられる試験項目で、一定時間に後肢で立ち上がる回数を調べる。探索行動の指標となる。オープンフィールド試験*を参照。

男性ホルモン → テストステロン

中間症候群 intermediate syndrome
中間症候群は重度の有機燐急性中毒から外見上十分に回復した後、1-数日後に発症するもので、まれではない。急性中毒発作の後、遅発性神経毒性が現れる前に発症するので中間症候群といわれる。通常急性の呼吸及び顔面や頸部・四肢の近位の筋肉の麻痺を伴う。この症候群では死亡率は高いことが知られている。この症候群を起こすものにはジメトエートやフェンチオン・フェニトロチオンなどが知られている。

テストステロン testosterone
精巣の間質(ライデッヒ)細胞で作られる男性ホルモンで、二次性徴の出現や、蛋白同化作用を持つ。塩類の貯留も促進する。
電子伝達系
 好気呼吸時の複数の代謝系の最終段階の反応系。水素伝達系、呼吸鎖などともいう。ミトコンドリア内膜の内側と外側にプロトンの濃度差を作り、この濃度勾配を利用して、最終的にATP合成酵素がATPを生成する。内膜に存在する呼吸鎖複合体T〜Wに電子が流れることによってプロトンが膜の内側から外側に汲み出されプロトン濃度勾配が生じる。
 
テロメア telomere
 末端小粒ともいう。真核生物染色体の末端にあり、染色体末端を保護していると考えられる。テロメアは特殊なDNAとタンパク質からなり、細胞分裂時にその構造上複製できない部分がある。そのため分裂ごとにテロメアは短くなり、ある程度より短くなると、増殖しなくなり、細胞老化という状態になる。
 生殖細胞や幹細胞、がん細胞ではテロメアを長くする酵素、テロメラーゼがあり、テロメアの短縮を防いでいる。

ド(ー)パ DOPA
ドーパミンが体内で合成される前駆物質。パーキンソン病の場合、大脳基底核のドーパミンレベルが低下するが、ドーパミンは血液脳関門を通過しない。このため、血液脳関門を通過しやすいドーパを投与する。副作用に、起立性低血圧や不整脈・吐き気・おう吐などが見られる。

ド(ー)パミン
神経伝達物質であり、中脳にある黒質から大脳基底核の線条体にのびている神経繊維で、神経伝達物質として使われているのが代表的な例である。この系のドーパミン欠乏とパーキンソン病との関連が良く知られている。

トランスサイレチン transthyretin
血液中にある甲状腺ホルモンと結合する蛋白質。この蛋白質の異常とアルツハイマー病との関連が追及されている。
 
トランスフォーミング増殖因子 Transforming growth factor、TGF
 →TGFを見よ
 
トーレット症候群 Tourette's syndrome
原因不明の神経障害で、チックや鼻を鳴らすこと・臭いをかぐこと・不随意の発声が見られる。突発的なわいせつな発言が共通である。




ナトリウムチャンネル sodium channel

ニコチン(性)受容体 nicotinic receptor
アセチルコリン受容体の一種で、アセチルコリンと結合すると、非常に短い潜時で持続時間も短い興奮性の電位は発生する。

尿細管 renal tubule → ネフロン       
腎臓では尿が作られる。腎臓の皮質にある腎小体で原尿が作られ、原尿は尿細管に入る。尿細管のはじめの部分は近位尿細管と呼ばれ、原尿中の水とナトリウム65-90%がここで再吸収される。また、ここで糖やアミノ酸などの再吸収が行われる。これに続く部分は細くなり、ヘンレの係蹄と呼ばれる。次に尿細管は再び太さを増し、遠位尿細管と呼ばれ、水やナトリウムの再吸収を行い、ホルモンに支配されていると考えられる。右図を参照。

尿素窒素 urea nitrogen (BUN)
尿素は人では蛋白質代謝の主な最終産物であり、主な排泄経路は腎臓を経由するので、腎臓機能の指標とされる。通常25-30 g が尿中に排泄される。血清中で10-15 mg/dlが正常範囲とされる。腎機能低下や腎不全などで高い値を示し、肝不全や妊娠などで低い値を示す。また、食事内容や
運動などによっても値が変動する。

乳酸脱水素酵素 → LDH
ヌクレオシド nucleoside
五単糖(デオキシリボースまたはリボース)の1位にプリン塩基またはピリミジン塩基が結合したもの
ヌクレオチド nucleotide
ヌクレオシドにリン酸基が結合したもの
 
脳室 ventricle
脳内部にある脳脊髄液によって満たされている空所。中枢神経系は、神経管と呼ばれる筒状構造から発生する。その空所は脳室として残る。大脳半球には側脳室、間脳には第三脳室、中脳には中脳水道、橋小脳には第四脳室、脊髄には中心管がある。

農薬 pesticide
有害あるいは不用な生物を殺す薬剤。pesticide はpest + -cideからなり、pestとは有害な生物で、 -cide は殺すものを示す接尾語。農薬取締法による定義は次の通り。「第1条の2  この法律において「農薬」とは、農作物(樹木及び農林産物を含む。以下「農作物等」という。)を害する菌、線虫、だに、昆虫、ねずみその他の動植物又はウイルス(以下「病害虫」と総称する。)の防除に用いられる殺菌剤、殺虫剤その他の薬剤(その薬剤を原料又は材料として使用した資材で当該防除に用いられるもののうち政令で定めるものを含む。)及び農作物等の生理機能の増進又は抑制に用いられる成長促進剤、発芽抑制剤その他の薬剤をいう」。この条文から分かるように、農作物以外の対象に使われる場合は、農薬取締法の適用外となる。



排便 Defecation
行動学では糞の数を数え、情動安定性の指標とする。オープンフィールド試験を見よ。
 
ハインツ小体 Heinz body
赤血球内でヘモグロビンが変性し、不溶性になったもの出、様々な形がある。ハインツ小体を持つ赤血球はいずれ除去される。ハインツはドイツの病理学者の名前である。

パーキンソン症候群 parkinsonism, Parkinsonian syndrome
パーキンソン病を含むパーキンソン病に似た病像を示す一群の神経疾患を指す。筋肉の緊張の亢進(筋強剛)と運動の減少、安静時振戦を特徴とする。脳炎やマンガンなどの重金属中毒・化学物質・外傷・その他に続発して発生することがある。パーキンソン病とは治療法が異なることがある。

パーキンソン病 Parkinson's disorder
パーキンソンによって発見された、寡動と固縮(筋強剛)・振戦を特徴とする疾患。大脳基底核のドーパミン(ドパミン)量が減少しており、脳幹の黒質の細胞が変性脱落している。治療としてはドーパミンを補充するためにL-ドーパを投与したり、種々の神経作用薬を使う。
 
ハプテン hapten
 小さな分子はそれ自体で免疫反応を起こさないと考えられる。しかし、薬剤や金属イオンは免疫反応をおこすことがある。これは小さな化合物がタンパク質やペプチドに結合して、タンパク質などを変化させる。それによって免疫反応を起こすことがある。この様な小さな分子をハプテンという。
  プレハプテンおよびプロハプテンを参考にせよ(小さな用語集
参考:http://www.waojournal.org/content/pdf/1939-4551-1-6-96.pdf(2014年3月6日ダウンロード)

ハロペリドール
精神分裂病と躁病の治療薬。トーレット症候群の治療にも使われる。プチロフェノン系の薬剤。メカニズムは中枢でドーパミンやノルエピネフリンを神経伝達物質として使う系に対する抑制効果と考えられている。副作用としてパーキンソン症候群や悪性症候群が見られる。
 
晩発性皮膚ポルフィリン症 porphyria cutanea tarda, PCT
ポルフィリンの過剰蓄積により生じる。中年以降に発症し、日光に曝された皮膚に水疱や色素沈着などを生じる。
 
非コードRNA non-coding RNA、ncRNA
タンパク質へ翻訳されずに機能するRNAの総称。non-messenger RNA(nmRNA)、small non-messenger RNA(snmRNA)、functional RNA(fRNA)等とも呼ばれる。非コードmRNAで古くから知られていたのはtRNAとrRNAであるが、マイクロRNAのようなものもある。
 
微小管 microtuble
細胞の中にある管で、微細管と言われることもある。電子顕微鏡により発見された。鞭毛や繊毛などに見られ、細胞分裂時に現れる紡錘糸も微細管である。収縮能を持つことが知られており、この他に細胞骨格として働くことも考えられている。
非ホジキンリンパ腫 non-Hodgkin’s lymphoma
ホジキンリンパ腫以外の全ての悪性リンパ腫を含む。日本ではホジキンリンパ腫患者はすくなく、ほとんどがびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫である。

舞踏病様アテトーシス
無定位運動症ともいい、指や手の屈曲、伸展などの、緩慢な、ねじるような運動が常に連続している状態
 
 
プラスミン plasmin
線溶系に属するタンパク質分解酵素。フィブリンやフィブリノーゲンを分解し、血栓を分解する。

フルタミド flutamide
前立腺癌の治療に用いる。フルタミドが前立腺癌組織のアンドロゲンレセプターに対するアンドロゲンの結合を阻害する。商品名 オダインOdyne(日本化薬)
 
プロスタグランデン prostaglandin
 1930年代に発見された。当初は前立腺 prostate gland に由来すると考えられてこの名称がつけられた。その後多くの組織から分泌され、様々な種類と作用を持つことが判明した。1971年にアスピリンなどがプロスタグランディン合成を阻害することが分かった。
 プロスタグランディン受容体には9種類あることが現在知られている。プロスタグランディンは数種類のG蛋白共役型受容体に結合する。これらの受容体の多様性はプロスタグランディンが様々な細胞に幅広い作用を及ぼすことを示している。
プロスタグランディンの作用:血管の平滑筋の収縮と弛緩、血小板の凝集と可溶化、脊髄の神経細胞を痛みに敏感にする、平滑筋収縮、炎症反応調節、カルシウム移動調節、ホルモンの調節、細胞生長調節
 
プレハプテン prehapten
 プロハプテンと同じくそれ自体としては反応性がなく、ペプチドなどと共有結合しない。空気中の酸素との反応により化学的反応性を得てハプテンとなる場合がある。
  参考:ハプテン、プロハプテンを見よ
 
プロハプテン prohapten
 プロハプテンはそれ自体としては化学的に反応性がなく、ペプチドなどと共有結合しない。化学的な反応性を持ち、ハプテンになるには代謝されて化学的に活性のある物質になる必要がある。代謝は肝臓など起こる。ある物質がプレハプテンまたはプロハプテンのに属すかをどうかの決定には混乱があり、両方の性質を持つ分子もある。
  参考:ハプテン、プレハプテンを見よ
 
プロピオン酸テストステロン testosterone propionate
 テストステロン*の構造の一部をプロピオン酸に置き換えて、作用の持続時間を長くしたもの。経口投与では効果がないため、筋肉注射をする。男性ホルモン作用薬として、男性の不妊や性腺機能不全、女性の乳癌治療などに用いられる。
 
分生子
分生子は、子嚢菌及び担子菌が形成する無性胞子。不完全菌類は分生子でのみで繁殖する

平面立ち直り反応 surface righting
 動物を横又は仰向けにした時に正常の姿勢に立ち直る反応。

ヘミコリニウ-3 hemicholinium-3
コリンの高親和性取り込みの強力な阻害剤。低親和性取り込み系にはほとんど影響を与えない。ヘミコリニウム処理はコリン作動性終末からアセチルコリンを枯渇させる。通常研究試薬として使われる。化学名:Morpholinium, 2,2'-(1,1'-biphenyl)-4,4'-diylbis(2-hydroxy-4,4-dimethyl-, dibromide

ヘモジデリン haemosiderin
褐色の色素蛋白質。鉄の貯蔵に関連し、鉄の輸送に関連するフェリチンが変化したものとされる。

ヘモジデリン沈着症 hemosiderosis
障害を伴わない過剰の鉄沈着をいうが、病的なものと区別は困難な場合が多い。輸血や溶血・非経口的鉄摂取などで起こる。

変形赤血球症(奇形赤血球症)poikilocytosis
様々な形をした赤血球がある状態をいう。巨赤芽球性貧血や鉄欠乏性貧血などの造血異常を伴う疾患で見られる。また火傷でも見られることがある。

ポリアミン polyamine
 ポリアミンは塩基性低分子有機化合物で、スペルミジン、スペルミンなどがある。ポリアミンは細胞増殖との関わりが指摘されており、細胞の増殖や分化・再生・悪性化などとの関連性が注目されている。DNAの複製に関与するという。


 
マイクロRNA microRNA, miRNA
 マイクロRNAは細胞内に存在する20から25塩基ほどの1本鎖RNAで、他の遺伝子の発現を調節する機能を有すると考えられている。非コードRNAの一種。マイクロRNAの機能は遺伝子の調節であると思われる。
$&????
ミトコンドリア
 糸粒体ともいう。真核生物の細胞中にあり、内膜と外膜との2枚の膜から成る。内膜により包まれた部分をマトリックス、内膜と外膜との間を膜間腔(スペース)という。内膜からマトリックスにひだが出ており,クリステという。ミトコンドリアはDNAを含み、このDNAは卵に由来する。
 ミトコンドリアは好気呼吸によるATP合成に関与する。好気呼吸の最終段階に電子伝達系があるが、関連する複合体T〜Wは内膜にある(→電子伝達系)。この他、カルシウム貯蔵・信号伝達、アポトーシス、膜電位調節、細胞内代謝調節、細胞増殖の調節、ヘム合成、ステロイド合成などに関与する。
 ミトコンドリアに異常と、慢性進行性外眼麻痺症候群やカーンズ・セイヤー症候群、ミオクローヌスてんかん症候群の一種、ミトコンドリア脳筋症・リー脳症、ミトコンドリア異常を原因とする心筋症などが関連するといわれる。農薬によるパーキンソン病と関連するという報告がある。
 
ムスカリン muscarine
 ベニテングタケやアカハイトリ・アセタケ・カヤタケなどに含まれているアルカロイドで、きのこ中毒の原因物質の一つ。コリン作動性節後線維が支配する器官や組織に、アセチルコリンと類似した影響を与える。拮抗薬はアトロピン。

ムスカリン(性)受容体 muscarinic receptor
 アセチルコリン受容体*の一種で、ニコチン性受容体*と比較すると潜時が長く、持続時間も長い興奮性電位を発生する。また、細胞内情報伝達にも関連するという。脳や消化器・循環器など多くの器官や組織に分布する。
 
免疫チェックポイント
 免疫系はウイルスや細菌などから体を守るため活動している。免疫系の細胞が過剰に活発になると、自己を攻撃する可能性がある。そのため、免疫系細胞が過剰に活発にならないようにしているメカニズム。
 
モルジェロンズ病 Morgellons disease
 近年、テキサス、フロリダ、カリフォルニアなどの米国各地で皮膚の下を寄生虫がはい回るといった症状を訴える患者たちが増加しており、患者らがモルジェロンズ病とよんでいる。医師はその病気の存在を認めていない。この病気の記録は300年ほどさかのぼるという。
 

 
ユビキチン ubiquitin
 76種のアミノ酸が結合した小さなタンパク質で、ユビキタスというラテン語から命名されたように、真核生物の多くの場所にある。ユビキチンの役割は不要なタンパク質に結合し、これが目印となり不要なタンパク質はプロテアソームに取り込まれ、分解される。細胞分裂、DNA修復、不要なタンパク質の除去、免疫、シグナル伝達、クロマチンの修飾など多くの働きに関与。ユビキチンの機能異常はパーキンソン病などの神経性疾患や癌の発症にも関与するとされる。




ライデッヒ細胞 Leydig cell
 精巣の大部分は精子を作る精細管からできているが、精細管の間を間質が満たす。間質の中にアンドロゲン*を分泌する細胞があり、これをライデッヒ細胞あるいは間細胞という。

ライム病 lyme disease
 米国や欧州・アジアで見つかっている。日本では1987年にライム病が長野で報告されて以来、本州中部以北から北海道に見られているが、症例は少ない。媒介するのはほとんどすべてシュルツェマダニ(Ixodes persulcatus)の雌である。患者にはダニ刺咬があり、遊走性紅斑出現までの期間は平均は12日であった。病原体はスピロヘーターに属するボレリア菌。

卵円形細胞 oval cell
 肝臓障害の時に出現する細胞で、肝細胞と胆管細胞との両方に分化できると考えられている。癌細胞のもとにもなると考えられる。

リバース・エンジニアリング reverse engineering
逆向きの工学という意味で、分解工学などの訳語がある。製品を分析し、その組成や作り方を調べること。

ロッキー山紅斑熱 Rocky Mountain spotted fever
米大陸で発生しているダニにより媒介されるリケッチアによる紅斑を伴う熱病。2〜14日の潜伏期後、発熱や発疹、頭痛、筋肉痛が発生する。吐き気や腹痛、不安、痙攣、昏睡、肝臓障害、腎不全などを認める。重症では数日で日以内に死亡することがある。




A−D 

CI; confidence intervals → 信頼区間

CK → CPK

CPK
クレアチンホスホキナーゼ。骨格筋・伸筋・平滑筋などに含まれており、それらの組織に傷害がある場合、血清中の値は増加する。
DOPA  → ドーパ


E−G 

erb
癌遺伝子*。erb Aと erb Bは鳥類の赤芽球症ウイルスに関連する遺伝子。erb Bに対応するものは上皮増殖因子の細胞表面にある受容体であり、erb Aに対応するものはステロイドホルモン受容体である。

FEV1 forced expiratory volume in 1 second
空気を最大に吸い込んだ後に、1秒量(FEV1)は、最大吸気よりできるだけ強く息を吐き出した場合の吐き出した空気の量をいう。

GOT
グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ。アミノ酸代謝に関係する酵素である。心筋や肝臓・骨格筋・腎臓などに多く含まれ、肝炎などの肝疾患や急性循環不全・心筋梗塞などで増加する。

GPT glutamate pyruvate transaminase
グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ。アミノ酸代謝に関係する酵素である。肝臓や腎臓・心臓などに多く含まれる。肝疾患や心筋梗塞などで増加する。

γ-GTP γ-glutamyl transpeptidase
腎臓や膵臓・脾臓・小腸・脳などに分布する。肝臓疾患でこの値は上昇する。
Gタンパク質
 Gタンパク質は、グアニンヌクレオチド結合タンパク質の略称。セカンドメッセンジャー・カスケードに関連するタンパク質のファミリーで、細胞内でグアノシン三リン酸 (GTP)をグアノシン二リン酸 (GDP)にする。
 
 
Gタンパク質共役受容体( G protein-coupled receptor; GPCR)
 Gタンパク質結合受容体、7回膜貫通型受容体とも呼ばれるGTPアーゼである。細胞外の神経伝達物質やホルモンを受容し、Gタンパク質(large G protein)を介してシグナル伝達が行われる。これにはムスカリン性アセチルコリン受容体、アデノシン受容体、アドレナリン受容体、GABA受容体(B型)、アンギオテンシン受容体、コレシストキニン受容体、ドーパミン受容体、グルカゴン受容体、ヒスタミン受容体、嗅覚受容体、オピオイド受容体、セクレチン受容体、セロトニン受容体、ソマトスタチン受容体、ガストリン受容体などがある。

H−K

L−O 

LD50
薬物などを投与した時に、投与した動物の半分(50%)が死ぬ投与量。体重1キログラムあたりのミリグラムで表すことが多い(mg/kg)。

LDH lactate dehydrogenase
乳酸脱水素酵素。解糖系の最終段階で働く酵素。種々の病気で血清LDH異常値が現れる。
 
microRNA → マイクロRNA
 
miRNA → マイクロRNA
 

P−S 

pS2
pNR-2ともいう。エストロゲンに反応する乳癌細胞系から最初に発見された。正常な組織では、pS2蛋白は胃粘膜や小腸粘膜・正常の乳腺上皮で現れている。乳癌細胞系ではエストロゲンによって調節され、増殖因子としての活性がある。悪性腫瘍では、pS2は胃癌と婦人科系の癌で検出されている。pS2 mRNAと蛋白は、エストロゲン受容体陽性乳癌細胞に主に発現しており、この蛋白質の高レベルの発現は予後が良いことを予測させる。pS2は進行した乳癌症例で内分泌療法に良い反応をすることもを示す。
Novocastra Laboratories, LtdData Sheet pS2 Protein, rabbit polyclonal antibody NCL-pS2, http://www.novocastra.co.uk/data/hrerp/ps2.pdf
 
RNA干渉 RNAi RNA interference  
ある遺伝子と相補的な配列を持ったRNAを細胞に導入し、遺伝子から転写されたmRNAとハイブリダイゼーションさせることによって翻訳の阻害を起こすこと
 
SNP;single nucleotide polymorphism
 一塩基多形を見よ
 
SUMO
 スモを見よ

T−Z
 
TGF toransforming growth factor
トランスフォーミング増殖因子という。組織発生、細胞分化、がんの転移や浸潤、胚発育などに重要な役割を果たす増殖因子。TGF-αとTGF-βからなる。
 TGF-αはマクロファージ、脳細胞、ケラチノサイトで産生し、上皮発生を起こす。ヒトの遺物のがんで過剰発現する。
 TGF-βはほとんどの細胞で産生され、5種類のサブタイプがある(1~5)。TGF-βは細胞のがん化を抑制すると考えるられている。。
 


更新
2017.3.05, 2.18, 2016.8.23, 2011.12.17, 2009.3.22, 2007.2.29, 2006. 3.12
作成 2000.4.2 渡部和男